このページの本文へ

パナソニック、建築照明器具SmartArchiのラインナップを拡充

2019年06月25日 18時20分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニック ライフソリューションズは6月25日、建築照明器具SmartArchi(スマートアーキ)の品ぞろえ拡充を発表。合計280品種を新たにラインナップし、7月1日から発売する。

 今回発売するのは、「グレアレスダウンライト」「グレアレスユニバーサルダウンライト」の高ワットタイプ。

 ダウンライトから120品種、ユニバーサルダウンライトから160品種と、用途に合わせ配光バリエーションや枠色、反射板仕上げ、オプションなどの異なる幅広い製品を販売する。

 独自の放熱設計技術により、埋込穴直径100mmとコンパクトながら、500形/400形/300形の出力を実現。鏡面性の高いアルミ蒸着仕上げを施すことで、まぶしさを抑えつつ、高級感のある空間づくりが可能になっているとのこと。

 さらに光学設計技術により、ムラのない美しい光で空間を演出するという。

 希望小売価格は、ダウンライトが4万8060円~5万3460円、ユニバーサルダウンライトが5万1300円~5万6700円。

 光色は5000K(昼白色)/4000K(白色)/3500K(温白色)/3000K(電球色)。演色性はRa85。

 配光角は、ダウンライトが20度/40度/48度、ユニバーサルダウンライトが12度/20度/34度/43度。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ