このページの本文へ

MMCX端子で楽しめる1万円を切る手頃なイヤフォン

上海問屋、バランスド・アーマチュアドライバーも搭載するハイブリッドイヤフォンを発売

2019年06月25日 16時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は6月25日、バランスド・アーマチュアドライバーとダイナミックドライバーのハイブリッドイヤフォン「1BA+1DDハイブリッドイヤホンTin HiFi T3」を発売した。

 中・高域用にバランスド・アーマチュアドライバーを1基、低域用に10mmダイナミックドライバーを1基搭載。MMCX端子を採用しており、好みのケーブルへリケーブルすることが可能。分離感のある引き締まった音色という。

OFC(5N)8芯の銀メッキケーブルが付属 

 アルミ合金製ハウジングの採用に加え、OFC(5N)8芯の銀メッキケーブルが標準で付属するなど細部にまでこだわった仕様となっている。価格は8186円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ