このページの本文へ

パナソニック、宴会場向けのLEDスポットライトを発表

2019年06月18日 18時15分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニック ライフソリューションズは6月18日、宴会場向けのLEDスポットライト「LEDi(エルイーディーアイ)可変配光スポットライト」合計8品番を発表した。販売開始は7月1日から。想定価格は10万5840円。

 ホテルや宴会場では、結婚披露宴や各種パーティー、講演会など、さまざまなイベント時に途切れのないスムーズなスポットライトのフェードイン・フェードアウトが求められる。配光もイベントの内容によって異なる。そのため、調光(0~100%)や、配光(狭角~広角)の調整を手もとでスムーズにできるハロゲンタイプのスポットライトが、調光設備やそのほかの照明器具などとともに多く採用されているという。

 本製品は、従来のハロゲンスポットライトの良さはそのままに、LEDでは難しいとされるフェードイン・フェードアウトもなめらかに可能。同社独自のLED電流制御技術で、スムーズな位相制御方式の0~100%調光を実現する。光源にLEDを採用しているため、同社の従来品ハロゲン500Wタイプと比べ、消費電力は42.5Wと約92%省エネで、光源寿命も60倍の3万時間を可能にした。灯具前部の回転操作で、照射物にあわせて光の広がりを操作できるので、レイアウト変更などで照射したい範囲が変わっても、その場ですぐに調整できる。

 タイプは埋込ダクト用・直付ダクト用。光色は4000K(白色)/3500K(温白色)/3000K(電球色)/2700K(電球色)。演色性はRa95。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ