このページの本文へ

RTX2060搭載で15万円台!コスパの高い15.6型ゲーミングノートPC実機レビュー

2019年06月25日 11時00分更新

文● 林佑樹 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アプリでキーボードのバックライトも調整可能

 では、キーボードはどうだろうか。アイソーレーションタイプのフルサイズキーボードを採用しており、打鍵音は低めだ。ゲームプレイ前提なのだが、チャット用としても十分に機能してくれるほか、テンキーもあるため、あれこれとキーアサインする派も安心のハズ。

 実際にいくつかのゲームタイトルをプレイしてみたが、中~高負荷が継続してもWASDキーの周辺が妙に熱をもつこともなかった。なお、プリインストールアプリケーションでバックライトは制御可能となっており、明るさと色を任意に決められる。

G-GEARシリーズのゲーミングノートではお馴染みのキーボードを採用。ゲームに適した仕上がりであり、使いやすいと感じる人は多いハズ
バックライトの設定アプリケーション

 本製品はBTO非対応の完成品モデルであるため、内蔵ストレージの容量を増やすことができない。そのため、オープンワールドなど大容量なゲームタイトルを複数プレイするには容量が心もとない。

 そのため、ゲームのインストール容量に不安を覚えたなら、外付けストレージを用意するといいだろう。しかし、一般的な外付けのHDDでは、速度が遅いため、背面にあるUSB 3.1 Gen2 Type-CポートにType-C対応の外付けSSDを接続することをオススメしたい。

 一方、動画やスクリーンショットの保存するだけなら、外付けHDDやNASでもOK。もしくは、クラウドストレージを検討しよう。なお底面を見ると内部へのアクセスがしやすく、自力でストレージを追加できそうだ。自作に慣れている読者なら問題ないが、不慣れな人はツクモにて有償の増設サービスを利用するといいだろう。