このページの本文へ

フェイスブックの暗号通貨がまもなく発表、ビザなど支援へ

Niall Firth

2019年06月16日 09時44分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フェイスブックは、独自の新しいデジタル通貨に関するホワイトペーパーを6月17日の週にもリリースするようだ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が報じた。決済サービス企業大手やその他のデジタル企業は、ソーシャルメディア最大手の暗号通貨事業への初進出をこぞって支援している。

フェイスブックの新たな暗号通貨を管理するコンソーシアムのメンバーにはペイパル(Paypal)やウーバー(Uber)、ビザ(Visa)、マスターカードといった企業が名を連ねている。 WSJによると、各企業はこのプロジェクトに1000万ドルを投資し、暗号通貨の管理を支援するコンソーシアムを立ち上げるとのことだ。テッククランチ(TechCrunch)の記事では、発表は6月18日が予定されているが、暗号通貨の発行は来年になる見込みだとしている。

フェイスブックの暗号通貨についてこれまでに分かっていることはほとんど無いが、価格を米ドル等の法定通貨の価格に固定させた「ステーブルコイン(安定通貨)」であると予想されている。ユーザーは「リブラ(Libra)」という名の通貨を使用し、フェイスブック上だけではなく、インターネット上で商品を購入できると考えられている。

だが、フェイスブックが発行するデジタル通貨は、果たして暗号通貨なのだろうか?暗号通貨の支持者にとって大きな問題だ。同社のデジタル通貨が暗号技術を用いるとしても、真の非中央集権にはなりそうもない。ビットコインのような本物の暗号通貨というよりも、むしろペイパルのようなものに近いかもしれないというのが大多数の考えだ。その他の疑問として、この暗号通貨をフェイスブックがどこまで管理するつもりなのかということがある。フェイスブックが過去にしてきたゾッとするようなことを考えると、ユーザーのプライバシーをどこまで守るつもりなのか疑問が残る。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ