このページの本文へ

夏の定番がパワーアップ

吉野家「牛皿麦とろ」肉120%増量

2019年06月13日 07時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 吉野家は、「牛皿麦とろ御膳」各種を6月17日10時から期間限定で発売します。

 夏の定番「牛皿麦とろ」。今年は御膳の主役である牛の量を120%に増量。さらに、バリエーションメニューも増えました。

 肉が増量した牛皿と、ねばりがある「麦とろ」の定食「牛皿麦とろ御膳」(630円)。今年は新しく、大根おろしを合わせた「牛皿おろし 麦とろ御膳」(690円)、生姜をトッピングした「牛皿生姜 麦とろ御膳」(690円)が登場。

 毎年人気という「鰻皿麦とろ御膳」(950円)も合わせて4種の展開になります。

 毎日15時以降24時までは、もち麦を含むご飯がおかわり無料です。

 肉120%への増量は吉野家の創業120周年を記念とした特典とのこと。夏らしい麦とろが今年も楽しめます。

 なお、一部店舗でのは扱いがないそう。

訂正とお詫び:一部訂正しました(6月14日)


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!