このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Core i9-9900KのOC状態を巨大な360mmラジエーターが強力に冷やす!

Core i9全コア5GHz動作をひと足先に「G-Master Hydro Z390 Extreme OC」が実現!

2019年06月11日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集● ジサトラカクッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オーバークロックモデルとは思えない静音性も魅力

 水冷クーラーの採用は冷却性能のアップという面でも強いが、静音性に優れているという点でもメリットがある。負荷の少ない状態ならファンの少ない空冷のほうが静かなことも多いが、高負荷時は水冷クーラーのほうが圧倒的に静か。高性能PCを快適に使いたいというのであれば、静音性重視でデュアル水冷クーラーモデルを選ぶというのもありだ。

 「G-Master Hydro Z390 Extreme OC」は、年末まで待たなくては発売されない全コア5GHz動作環境が今すぐ手に入ること、大型の360mmラジエーター採用水冷クーラーによる強力な冷却で安定動作が可能なこと、高性能ビデオカードが水冷化され静音性も高いことなど、性能にこだわる人ならどれもが魅力的に感じられるポイントを押さえたモデルだ。

 もちろん自作PCでもこれらは実現できるが、パーツの入手から組み立て、そしてオーバークロック設定の試行錯誤という手間まで考えれば、30万円オーバーという価格は決して高くない。さらにいうと、オーバークロックで動かしているのに、サイコムなら保証が付くいうのが大きい。

 安定した全コア5GHz動作で高性能を堪能したければ、「G-Master Hydro Z390 Extreme OC」はピッタリな1台といえるだろう。

(提供:サイコム)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ