このページの本文へ

出張料理教室で我が子の「頭が良くなる」のはなぜか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
子どもの独創性を育む「キッチン学」
「正解を求める勉強」のみに慣れてしまうと、AI時代を生き抜くのは厳しい。子どもの独創性や思考力、判断力、表現力などを幅広く培う「キッチン学」が注目を集めている

ここ数年、学校で増えているのが「アクティブ・ラーニング(AL)」。これは、先生による一方的な指導ではなく、生徒が主体になって行う体験学習である。グループでのディスカッションやワークなどを通して、生徒の思考力や判断力、表現力を育成していくのが目的である。このアクティブ・ラーングを料理に応用したサービスが、いま注目を集めている。

単なる料理教室ではない
独創性を育む内容が人気

「ハクシノレシピ」では、「キッチン学」と題して、子ども向け出張料理教室を開催している。管理栄養士や保育士、食育に関する資格を持つ講師が、「エプロン先生」という名称で、子どもの家庭を訪問して、一緒に料理を作っていく。といっても普通に調理するのではない。

 まず、子ども自身が冷蔵庫から食材を探し、どんな料理を作りたいかを子どもに考えてもらう。それを絵や文章で表現。調理して完成したら、オリジナルの名前をつけて、プレゼンテーションしてもらう。3歳から12歳までが対象だ。

 子ども向けの料理教室は珍しくないが、そこにALの手法を盛り込んで、子どもの創作力や表現力を養っていくのが、キッチン学の特徴だ。この事業を立ち上げたHacksii代表取締役の高橋未来さんに取材をした。

「一般の料理教室は、あらかじめレシピが決まっていますが、ハクシノレシピは文字通り、白紙の状態からスタートします。子どもさんが冷蔵庫を見て、そこにある食材だけで、自分でレシピを考え、手順も考えながら料理を作っていきます。出来上がった料理に作品名をつけて、考えたストーリーも話してもらいます。例えば、野菜サラダを作ったお子さんが『野菜カー二バル』と名付けたり、ユニークな名前が多いです。また、名前だけではなく、料理から発想したストーリーを話してもらうこともあります。これらのプロセスを通して、お子さんの思考力や判断力、表現力を養っています」

脳科学でも実証された
「キッチン学」の有効性

Hacksii代表取締役・高橋未来さん。幼児教室での講師経験をもとに、キッチン学を考案した

 高橋さんは、幼児教室の講師として長らく子どもに接した経験を持っている。そこでの体験が事業のヒントになった。

「幼児教室では、0歳児から小学4年生まで各クラスの担任を経験しました。そこで目の当たりにしたのは、成長するにつれて画一的になっていく子どもの姿です。子どもがもっと自由に自信を持てるような教育はできないかと考え、たどり着いたのが料理でした」

 もともとは料理が苦手だったという高橋さん。レシピどおりではなく、自由な発想で作ってみたら、意外にも美味しいものができた。自分の頭で考え、独自のメニューを作っていく。その過程で非常に頭脳を使っていることを実感。その経験がキッチン学の土台になっている。

 キッチン学が脳の活動を活性化することは、実験によって検証されている。ハクシノレシピでは、脳科学ベンチャー企業NeUの協力を得て、子どもが料理をする時の脳活動の動きを計測した。

「小学1年生から3年生までのお子さんを対象に、キッチン学の体験中と、映画鑑賞中の脳活動を計測し比較しました。その結果、映画鑑賞では90 分以上の映画をシッターと一緒に視聴しましたが、楽しんでいる様子ではあったものの、前頭前野の脳活動は高くはなりませんでした。一方、キッチン学では、全般的に高い脳活動が見られたのです。材料の説明からどんな料理を作るか決めていく過程で、左右の脳が活発に動いたり、野菜を切る時にも、右の前頭前野の脳活動量が上昇していました」

 前頭前野は、脳の中でも思考や創造性を担う中枢器官である。そこが活発に動くことにより、子どもは発想やひらめき、意思決定といった能力を養うことができる。

「正解を探す学び」では
得られない能力を培う

アドバンスコースでは、毎月、子どもの成果を記録したレポートが届く

 現在は、3つのコースがある。前述のカリキュラムに沿ったレッスンを行う「ライトコース」。そこに思考力をより高める学習プリントがついた「ベーシックコース」、そして、LINEでいつでもエプロン先生に相談ができ、子どもの成果レポートが月に1度届く「アドバンスコース」だ。オプションとして保育園や学童のお迎えや、エプロン先生の指名、子どもが調理する様子を動画に撮影して、保護者に送信するサービスも実施している。

「生徒さんからは、やりたいことをたくさんやらせてくれるので一緒に料理をしていて楽しい、といった声をいただいています。また保護者の皆さんからは、『以前は白紙の紙に絵を描くことが苦手だった我が子ですが、半年間レッスンを続けたところ、親では考えつかないようなオリジナルのレシピを作り出すことができるようになりました。思考力や表現力など様々な能力が伸びていると実感しています』という嬉しい感想もいただいています」

「子どもたちに料理を通じて、正解通りにしなくても認めてもらえるという経験をしてほしいと思います。その経験は、AIやロボットなどが登場する時代になっても、生きていくために必要なアイデアを生み出す力に、きっとつながっていくはずです」という高橋さん。

 スタートして半年余りのサービスだが、これからの教育にとって大きな可能性を秘めているのではないだろうか。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ