このページの本文へ

ナイナイ岡村の恩師が教えるポンコツのススメ、多くの人に愛される秘訣

文● 藤野ゆり(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
いい意味でポンコツさを醸し出すようになった岡村隆史さん
ギラギラしたエネルギーと張り詰めた緊張感をまとっていた岡村隆史は休養後、“ポンコツ”さと、ゆるい空気を醸し出す存在に変わっていった Photo:JIJI

『めちゃイケ』終了から3月でおよそ1年。1つの冠番組を終えた岡村隆史だが、以前よりイキイキしているように見えるのはなぜか。その秘密を『素顔の岡村隆史』を上梓したばかりの養成所時代の恩師・本多正識氏に聞いた。(清談社 藤野ゆり)

“ポンコツ”化した
岡村の魅力

 最近、岡村隆史がイキイキして見える。そう感じているのは筆者だけだろうか。

 昨年末のNHK紅白歌合戦で見せた「チコちゃん」との絡み。その一瞬の幕間にけん玉を成功させるスター性は健在だが、休養以降、特にここ最近の岡村はすっかり肩の力が抜け、現場の雰囲気を本気で楽しんでいるように映る。めちゃイケで長年、気を張り、時には体を張って出演者たちを先導してきたエネルギッシュさとも違う、いい意味のポンコツさと、ゆるい空気をまとうようになっているのだ。

 その証拠に、岡村隆史のこれまでの歩みや魅力に迫った『素顔の岡村隆史』(ヨシモトブックス)の中では、岡村自身が「ポンコツになってよかった」と、休養後の自身について語る一節も登場する。15時間にも及ぶ岡村との対談によって、今の岡村に迫った『素顔の岡村隆史』の著者、漫才作家の本多正識氏は「岡村くんには、ポンコツの伸びしろがある」と話す。

「20年以上にわたって演じていた“岡村隆史”が、すぐに100%の“人間・岡村隆史”を出せているわけはないと思いますから、今後、さらにありのままの岡村くんの魅力が出てくるのではないかと期待しています」

 本多氏はよしもとクリエイティブエージェンシーの芸人養成所「NSC」の講師として岡村を指導した、いわば恩師。とはいえ、出会った当初の岡村隆史は“ポンコツ”とはほど遠い、ギラギラした光を放つ存在として、本多氏の前に現れたという。

最初はツッコミ役だった!
ギラギラしていた若い日の岡村

「NSCの最初の授業で受講生たちに自己紹介をさせていた時、100人以上が手を挙げた中で、なんとなく最後に指名したのが相方の矢部くんでした。それで矢部くんがしゃべりだそうとした瞬間に、離れて座っていた岡村くんが勢いよく立ち上がり『岡村隆史です』と答えて、矢部くんが『お前、ちゃうやろ!』と本気でツッコんだ。それで一気に教室の空気が変わったんです」

「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)

 この時の“一発かましてやった!”という岡村の凛とした表情を、本多氏は今でも覚えているという。鮮烈な印象を残した岡村は、数多くの生徒を指導する本多氏にとっても忘れられない生徒となった。

「ギョロッとした目で私を射抜くような鋭い視線で見つめてきた時、ワクワクする気持ちになりました。根拠は何もありませんが、あふれるオーラを感じて、直感的に『この子は売れる!』と確信したんです。初授業であのインパクトを超える生徒は、まだひとりも会っていません」

 一目見て、岡村隆史に並々ならぬスター性を感じとっていた本多氏は、今日の「ナインティナイン」を生み出した張本人でもある。結成当時、ナインティナインは岡村がツッコミ、矢部がボケという立ち位置。そんな2人のボケとツッコミを逆にしたのは、本多氏の一言がきっかけだった。

「自己紹介の後、2回目の授業でナイナイのネタを見たときに、岡村くんのキレのいい動きを生かすためには、おっとりとしていて本来ならツッコミにそぐわない矢部くんをツッコミにしてでも、岡村くんをボケにする方が売れる!と確信した上での指摘でした。まあ僕が言わなくても、いずれそうなっていたと思いますけどね(笑)」

張り詰めた緊張感を乗り越えて
「素の自分」を出せるように

 そんな本多氏の助言も奏功してか、ナインティナインはコンビ結成後ほどなくして、一気にスターダムにのし上がった。しかし20代から芸能界のトップを走り続けた岡村隆史は、40代に突入した2010年に体調を崩し、5ヵ月間休養状態に。本書では、そんな休養前後の岡村の心理も詳細に語られている。講師と生徒という立場を離れた本多氏だが、休養前後の岡村の変化は感じていたという。

「休養前に楽屋のロビーなどで出会ったときには、彼の“張り詰めた緊張感”が伝わってきました。今回、本を作るにあたって改めてじっくり話を聞いてみて、休養前は“24時間仕事モード”だったということがよくわかりました。休養後は、それ以前に感じていたピリピリ感もなく、リラックスしていると思います。表情が優しくなりましたね」

 生真面目すぎるほど笑いに向き合い続けてきた岡村だが、休養後の魅力は休養前の“くそマジメなお笑いバカ”とは、また違ったところにあるようだ。

「常に『芸人・岡村』で、ある意味“岡村隆史”を演じていた頃とは違い、今はありのまま。岡村くんの素に近い。もちろん計算はしているでしょうが、瞬間的には素のままの岡村くんが出ていて、そのポンコツ感が、画面を通して見ている視聴者にも“安心感”を感じさせているのではないでしょうか」

 芸能人が与える“安心感”。それは近年のテレビ業界においても欠かせないコンテンツの一つだ。出川哲朗にみやぞん、滝沢カレンなど、どこか間の抜けた愛嬌を持つタレントは視聴者に愛され、売れる芸能人の大切な要素となっているからである。

“ポンコツ”タレントが
増えてきた理由

 昔は圧倒的なスター性が求められていた芸能界。テレビに映る多くのアイドルや芸能人には、「隙」というものはほとんど見えなかった。

「1950年代生まれの僕らの世代では、ラジオ・テレビに出る人、つまり電波に乗る人は、誰もが“特別な人”であり“特殊な人”でした。それが時代と共に『素人参加番組』が増えていきハードルは下がりましたが、それでもやはり“特別な素人”だったことに変わりはない。それがスマホ一つで誰でも発信ができる時代になり、“電波に乗る人”も、それほど“特別な人”ではなくなりました」

 SNSや動画投稿サイトで誰でも発信可能な現代では、実際に一般人があっという間に有名になるケースも少なくない。一般人と芸能人の境界線は、どんどん薄くなっているように感じるが、そんな時代において、ポンコツが芸能界で愛されるようになったのは一体なぜなのか。

「人間味あふれる“ポンコツ”は、視聴者に親近感と安心感を与えます。向こう三軒両隣どころか、町内の人はみんな顔見知りという時代には、身近に安心感を与えてくれる存在が数多くいました。それが隣の人の名前も顔も知らないことが当たり前になってきた現代人にとっては、ポンコツな芸人さんやタレントさんが“ご近所さん”の代わりをしてくれているように、私は感じています」

 ユーチューバーや、気軽に会いに行けるアイドルのように親近感のある芸能人がウケているのは、「ご近所さんの希薄化」が背景にあるのかもしれない。ご近所さんの家庭をのぞき見る代わりに、芸能人に好奇心や心のよりどころ、つながりといった安心感を求めているわけだ。

愛され続けるキャラの根底には
「ブレない芯」がある

 とはいえ、“ポンコツ”だけでは、安心感を与えられる存在にはなりえても、成功することは難しいだろう。多くの若手芸人を育ててきた本多氏に、売れる芸人の法則を聞いてみた。

「ネタ作りも稽古もすごい努力をしているのに、それを当たり前だと思ってやれて、しかもその努力を継続できる人ですね。また、他人の話をよく聞いて貪欲に吸収するけれど、必要がないことは聞き流せる人。売れる人に共通するのは、聞く耳を持ちつつも、そういうブレない芯を持っているということです」

“ポンコツ”で居続ける…そこには勇気や英断が必要だろう。愛され続ける人の根底には、“ブレない芯”があるのかもしれない。

「ポンコツキャラが与える安心感は、多くの人を癒やし、愛される。それは芸能界だけじゃなく、一般の社会でもいえることでしょう」

 岡村隆史のように、1つのよろいを脱ぎ捨ててポンコツ化することは、自分をラクにするだけではなく、他者からも愛される鍵になるのかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ