このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第45回

Thunderbolt 3を使った、GPU拡張もオフィスで活躍

2kg強と軽量で、デスクトップに近い作業領域を持つ15.6型「VAIO Pro PH」

2019年06月11日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOが新製品を立て続けに発売している。これまで、VAIO Pro 11や13の後継機にあたるVAIO Pro PFやPGといったモバイル正統派を中心に新製品を投入してきたが、それ以外のタイプはなかなか登場しなかった。

 それが、昨年の11月にデタッチャブルタイプの12.5インチモバイルVAIO Pro PAが発売されたのを皮切りに、1月には4K液晶も搭載可能な14インチモバイルVAIO Pro PKを発売。そして、4月に15.6インチのオールインワンノートVAIO Pro PHが発売と半年の間に3タイプも新たなモデルが登場したのである。企業としてはどのマシンを導入すべきなのか迷ってしまうが、今回は4月に登場した新製品VAIO Pro PHを紹介するとともに、それぞれどういう仕事に向いているのか考えてみた。

↑左からVAIO Pro PF、PG、PK、PH。デザインに統一感が生まれて使い勝手も遜色なくなり、用途に合わせて選べる

ようやく「快」を追求した据え置き型大画面ノート

 4月19日に発売された「VAIO Pro PH」は「VAIO S15」の企業向けモデルだ。2017年に先代VAIO Pro PHが発売されたが、そのときはまだ、従来のVAIO S15を踏襲した丸みを帯びたデザインで、ビジネスに向けたマシンというよりホームノートを連想してしまった。特に「快」が仕事の生産性を高めるというコンセプトを元にデザインされた「VAIO Pro PF」(11.6インチ)や「VAIO Pro PG」(13.3インチ)も同時発表だったため、よりコンシューマー向けのイメージが残っていた。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ