このページの本文へ

パナソニック、YouTubeやNetflixなども観られる19V型ポータブルビエラ

2019年05月23日 19時30分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは5月23日、ポータブルテレビの「プライベート・ビエラ」シリーズにおいて、「UN-19FB9」と「UN-19F9」を発表した。販売開始は6月21日からで、想定価格は4万6440円前後から。

 プライベート・ビエラは、モニター部とチューナー部をセットにした製品。チューナー部をアンテナ線につなぐと、モニター部に映像をワイヤレスで転送できる。アンテナ線がない部屋や、アンテナ線が届かず設置できないダイニングテーブルの上、寝室のベッドサイドなどでも、動画を視聴可能。

 UN-19FB9は、テレビ放送はもちろん、YouTubeやNetflixなどのインターネット動画配信サービスにも対応。モニター部にはバッテリーを内蔵しているので、電源のない場所でも使用できる。充電時間は約4時間で、画質設定「スタンダード」のスピーカー使用時は約2時間観られる。スタンドは3段階に稼働するため、自分の視聴しやすい角度で楽しめるとのこと。

 両サイズともに、カラーはブラックのみ。ディスプレーサイズは19V型。録画はUSB経由で、HDDに番組を保存できる。想定価格はUN-19FB9が6万2640円前後で、UN-19F9は4万6440円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン