このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アルミニウム素材を採用した上質な筐体でビジネスに最適

6万円台洗練されたデザインの15.6型ノートPC、狭ベゼルで作業しやすい

2019年05月22日 09時00分更新

文● 山口優 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デルの「New Vostro 15 5000」

 デルのビジネス向けパソコンブランド「Vostro」のラインナップの15.6型「New Vostro 15 5000」。同モデルは、第8世代Coreプロセッサーやアルミ外装、狭額縁デザインなどを採用したスタイリッシュ&高性能なノートパソコンとなる。今回、New Vostro 15 5000の実機を試せたので、実際の使い勝手やパフォーマンスを2回にわたって紹介していこう。

アルミニウム素材を採用した上質な筐体

外装にアルミニウム素材を採用しており質感が高いのが魅力的

 「Vostro」シリーズは、エントリー向けの「3000」、ミッドレンジの「5000」、プロフェッショナル向けの「7000」の3シリーズで展開されている。今回試したNew Vostro 15 5000は「5000」シリーズの最新モデル。デザインと性能の両面を追求しながらも最小構成時の価格は9万7980円で、ウェブ直販サイトでクーポンを利用すると6万7482円(5月20日現在)とリーズナブルな価格を実現しているのが特徴だ。

 New Vostro 15 5000の筐体は、天板やボトムケースなどにアルミニウム素材が用いられており、カラーはアーバングレーとアイスグレーの2色が用意されている。今回試せたのはアイスグレーの方だが、グレーといってもアルミの素の色をそのまま生かした感じの明るいシルバーで、金属ならではの高級感ある仕上がりになっている。

 ディスプレー面やキーボード面は樹脂製だが、表面処理でマットな質感が与えられており、指紋や汚れもつきにくく安っぽさは感じない。

 New Vostro 15 5000の本体サイズは、およそ幅359.1×奥行き249×高さ18.04mm、重量は約1.9kgと、このクラスのノートパソコンとしては比較的薄型軽量なほう。カバンに入れて持ち運んでも思ったほどは負担は感じない。2kg近くあるので毎日積極的に持ち歩く気にはなかなかなれないが、出先での打ち合わせや会議など、いざという時にそのまま躊躇せずに持っていけるのはやはりありがたい。

本体前面。厚みはおよそ18.04mm、重量は約1.9kgと、15.6型ノートパソコンとしては比較的スリムで軽量な方だ

 ちなみにACアダプターはかなり小型で、重量も158g(電源コードを含めると262g)と軽い。これなら、出張や旅行の際も荷物にはなりにくそうだ。

 New Vostro 15 5000のインターフェースは、本体右側面にSDカードリーダー、USB 2.0端子、有線LAN端子、ウェッジ型ロック・スロットを、本体左側面に電源ジャック、USB 3.1(Type-C)端子、HDMI、USB 3.1端子×2、ヘッドフォン/マイク端子を搭載している。また、ディスプレー上部にはHD解像度(720p)での撮影が可能なウェブカメラが内蔵されている。

本体右側面にSDカードリーダー、USB 2.0、有線LAN端子、ウェッジ型ロック・スロットを搭載する
本体左側面に電源ジャック、USB 3.1 Type-C、HDMI、USB 3.1×2、ヘッドフォン/マイク端子を搭載する

 このうち、本体左側面のUSB 3.1(Type-C)端子はDisplayPortとPowerDeliveryに対応している。デルの「U3219Q」や「U2719DC」、「U2419HC」などのようにUSB-CのPowerDeliveryに対応した外部ディスプレーなら、ケーブルを1本つなぐだけで本機を充電しながら映像も表示できるのでとても便利だ。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー