このページの本文へ

仮想通貨の税金を学べるカリキュラムが提供開始

2019年05月21日 09時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 techtecは5月20日から、仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「​PoL(ポル)」で、仮想通貨の税金に関する新カリキュラムを提供開始する。元税務大学校教育官の安河内誠氏と共同で開発したもの。

 仮想通貨にかかる税金は、所得税や法人税が一般的だが、そのほかさまざまな税金が関係しているという。また、仮想通貨は保有するだけでも税金がかかる場合があるとのこと。同カリキュラムはすべての税金を体系的に学習可能。最後にはインターネットやブロックチェーンにより国境が消滅した社会での、税金のあり方も考察できるとしている。

 これまで税金について解決するためには​国税庁のタックスアンサーを見たり、弁護士や税理士に相談したりなどの対応があった。弁護士や税理士も仮想通貨の業務は初心者が多く、苦労する人も大勢いたという。

 内閣府の発表によると、2017年分の仮想通貨取引を含む雑収入が1億円以上だった申告は331件に留まっているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ