このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2019第16回

マツダ ロードスターRFの純正タイヤとスタッドレスの差を調べてみた

2019年05月18日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

速度を上げたら風切り音の勝ち

 次に道央自動車道にやってまいりました。時速100kmで、POTENZAが75.9デシベル、BLIZZAKは76.5デシベル。その差は0.6デシベルでありますが、これくらいですと耳で聞いても差はほとんどわかりません。

 差がなくなった理由は、この速度域では風切り音がロードノイズを圧しているからであります。エンジン回転数は6速で2500回転ほど。それなりに唸っているのですが、せっかくの心地良い排気音も、風切り音に負けてしまいがちであります。

 特にリアピラー後方からのザーっという音がけたたましいわけでして、そのおかげで高速道路でかっ飛ばしてやろう、なんて気にはとてもなれません。実に安全な、よくできたクルマであります。

 ちなみに先のBLIZZAK VRX2を履いた10年落ちヴィッツは、同じ区間、同じ速度で、平均69.5デシベルでありました。高級車並の低い値に驚いたんでありますが、値の正確さは別として、ロードスターがそれほどうるさいということであります。

 おっと、音の話をしていたらもう時間になってしまいました。磨耗や燃費の違い、そして実際に走って一番驚いた車体の剛性感の差などは、また次回。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ