このページの本文へ

新車を買った情報2019第16回

マツダ ロードスターRFの純正タイヤとスタッドレスの差を調べてみた

2019年05月18日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スタッドレスでも怖くないハンドリング

 気になったのは、まずステアリングを切り始めた際のグニャっとした感触であります。ゴムが柔らかいスタッドレス特有のもので、いかんともしがたいものであります。ですが鈍いのは、切り始めの一瞬だけ。

 2世代ほど前までのスタッドレスタイヤは、グニャっとした感覚が常にありまして、いくら切るとどれくらい曲がるのか推し量れないところに不安を覚えたものです。しかし、BLIZZAK VRX2はタイヤを通して路面の様子が刻々と伝わってくるので、怖くありません。それは氷雪路でも同じでありました。

 このあたりはスポーツカーとして躾けられたクルマの特性もあってのことと思われますが、やはりハンドリングの良いクルマというのは良いものなのであります。

 もっとも、ハンドリングの良さを楽しむために、山坂道を活発に走ろうとすれば、グリップ不足は否めません。ですが、スタッドレスを履くような季節の山坂道は、たとえ雪がなくても、雪が解けてできた凍結箇所がところどころにあります。グリップ不足を感じるほど飛ばしては危険でありますから、これでいいんであります。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ