このページの本文へ

神田明神下交差点近くに「つけ麺専門 百の輔」がオープン

2019年05月15日 22時18分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2017年12月に移転した「NEC クラサバ市場」の跡地に「つけ麺専門 百の輔」が13日(月)オープンした。もともと新宿にあった店舗が移転してきたという。

「NEC クラサバ市場」の跡地にオープンした「つけ麺専門 百の輔」

 秋葉原の店舗型ショールームとして長年営業していた「NEC クラサバ市場」が移転したのが2017年12月。それからしばらく空きテナントとなっていたが、新たに「つけ麺専門 百の輔」が誕生した。場所は神田明神下交差点の近く(東京都千代田区外神田1-6-3 アキバアソビ館1F)。

女性にも人気が出そうな和風トマトつけ麺のほか、スープを2種類選べるハーフ&ハーフもあるようだ

 席数は11とこじんまりとした店がまえながら、エビとイカ墨つけ麺、カレーつけ麺、和風トマトつけ麺など個性的なメニューも用意されている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ