このページの本文へ

Bing Maps、検索履歴から候補を提案する機能を追加

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2019年05月14日 02時55分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Bing Maps、検索履歴から候補を提案する機能を追加

米Microsoft が運営する検索エンジン Bing は2019年5月13日、地図検索サービス「Bing Maps」に過去の検索履歴から店舗や場所の候補を自動的に表示する機能を追加したことを公式ブログで発表した。日本語版(Bingマップ)も対応する。

地図検索は、同じ場所を再検索することが多い。たとえば旅行や出張の計画をしている時に、観光やビジネスの目的地を確認・検討するために、何度も同地域や場所を検索することがある。追加された機能は、過去に検索した場所を候補表示するもの。

また、検索窓にキーワードを入力し始めると、文字列に応じて検索履歴と合致する場所を表示する。検索履歴を残したくない場合は、プライバシー設定画面( https://account.microsoft.com/privacy/ )から削除することができる。

Recent Searches Now Available in Bing Maps Autosuggest
https://blogs.bing.com/maps/2019-05/recent-searches-now-available-in-bing-maps-autosuggest

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く