このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

充実のエンタメ性能を持ちながら、2万円台前半のリーズナブルな価格も魅力!!

気軽に持ち運んで使える8型タブ、ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 lite」8インチモデルレビュー!

2019年05月17日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最後に、ファーウェイ独自のお役立ち機能も見ていこう。

子供にタブレットを渡しても安心
カメラを活かした独自機能も

 小型の本体サイズと購入しやすい価格ということで、子供に渡すための端末として考えている人もいることだろう。そんなときに役立つのが「キッズモード」だ。

子供向けにアプリや機能の利用に制限を加えられる「キッズモード」

 キッズモードでは、タブレットの使用時間や使用アプリの制限を、保護者が細かく設定しておける。たとえば、利用可能な時間帯を限定したり、1回の利用時間を決めることなどが可能だ。サードパーティー製のメッセージアプリによるメッセージ送信を禁止する設定もあり、自分の子供が知らぬ間に危険な状況に巻き込まれることを防げるようになっている。

タブレットを使える時間帯などをあらかじめ決めておこう

 また、寝ながら視聴していると、注意を促す通知を画面に表示してくれる。ブルーライトカットモードやモノクロモードを常時有効にすることも可能で、子供1人でタブレットを使わせるときにも安心。親が常時、側にいて注意するのはなかなか大変なため、心強い機能だと言える。

ゴロゴロしながら使っていると、こういう風に注意が表示される

 カメラアプリとAIを活用した「AI Vision」も面白い。これは、AIが被写体を認識して関連情報を表示してくれる機能で、ファーウェイ製スマホでもすでに搭載されている。カメラを向けるだけで、被写体と類似した商品をネット検索してくれたり、テキストを翻訳してくれる。

身近な製品を写すことで、実際にそれを販売しているECサイトなどに移動できる

 実際に試してみたが、商品検索がうまく成功すると、なかなか便利だと感じた。ただ、現状では、被写体を正しく認識しないケースもそれなりにある。独自性の高い商品パッケージだったり、有名な商品であれば認識精度は高くなるようで、このあたりは、商品データベースの充実とAIの習熟を期待したいところだ。

カメラ内の外国語を翻訳する機能も

 テキストの翻訳については、翻訳元の言語を自動検出してくれるのが、使い勝手が良い。現状では、文章を翻訳するというより、知らない外国語の単語の意味を調べる目的で使うのが良さそうだ。海外旅行先での買い物時などにカメラを商品に向ければ、何の商品なのかがおおよそ理解できて便利に感じるだろう。

 HUAWEI MediaPad M5 lite 8インチモデルは、ファーウェイ・オンラインストアのほか、家電量販店やECサイトなどで販売中。市場想定価格は、Wi-Fi版が税抜2万2880円、LTE版が税抜2万6880円。

購入者に先着で純正カバーがプレゼント!

 今、HUAWEI MediaPad M5 lite 8インチモデルを購入すると、数量限定で純正カバーがもらえる! エディオン・コジマ・上新電機・ソフマップ・ビックカメラ・ヤマダ電機・ヨドバシカメラ(50音順)の製品取り扱い店舗及び、ひかりTVショッピング・ファーウェイ楽天市場店で実施中!

こちらがプレゼントされる専用カバー

ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 lite」8インチモデルの主なスペック
ディスプレー 約8型IPS液晶
画面解像度 1920×1200ドット
サイズ 約122.2×204.1×8.2mm
重量 約310g
CPU HUAWEI Kirin 710
2.2GHz+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 3GB
ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9(EMUI 9.0)
対応バンド
(LTE版のみ)
LTE:1/3/5/7/8/18/19/20/26/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約1300万画素/イン:約800万画素
バッテリー容量 約5100mAh
SIM(LTE版のみ) nanoSIM
USB端子 microUSB
カラバリ スペースグレー
市場予想価格(税抜) 2万2880円(Wi-Fi版)
2万6880円(LTE版)


提供:ファーウェイ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ