このページの本文へ

充実のエンタメ性能を持ちながら、2万円台前半のリーズナブルな価格も魅力!!

気軽に持ち運んで使える8型タブ、ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 lite」8インチモデルレビュー!

2019年05月17日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

購入しやすい価格なのに、高いエンタメ性能と
普段使いには十分以上のスペックを備える!

 とはいえ、いくら購入しやすい価格であっても、実際の性能が微妙というのでは魅力に欠けてしまう。ここからはスペックについても見ていこう。

Harman Kardonによるチューニングを示すロゴ

 HUAWEI MediaPad M5 lite 8インチモデルは、ファーウェイのMediaPad Mシリーズのラインアップに加わるモデルだ。同シリーズ共通の特長はエンタメ性能の高さ。中でもサウンドへのこだわりで知られている。すべてのモデルにHarman Kardonによるサウンドチューニングが施されており、もちろん本機でも同様だ。

 縦画面時の上下面にスピーカーを搭載。パワーアンプもそれぞれに装備されており、デュアルスピーカー&デュアルパワーアンプ構成だ。実際に音を聴いてみると、外付けスピーカーが不要だと感じるほどの大音量と高音質を体感できる。

 また、ファーウェイ独自のサラウンド技術「HUAWEI Histen5.0」も用意されている。これはヘッドホン接続時に使用可能になるもので、音楽鑑賞はもちろん、映像を楽しむ際にもサウンドへの没入感を高めてくれる。

独自技術によりヘッドフォンでも臨場感のあるサウンドを楽しめる

 もちろん映像や写真の表示も美しい。本機は1080p HD動画のストリーミング再生に対応。小型軽量な本体のため、ベッドやソファーに寝転がっていても、映画やドラマなどを長時間楽しめる。

 タブレットを持ち歩くときに心配なのがバッテリーの持ちだが、その点でも安心だ。約5100mAhという大容量バッテリーを搭載し、動画再生は最大約10.6時間、音楽再生では最大約62時間というスタミナを実現している。

大容量バッテリーを搭載しながら、約8.2mmという薄型筐体だ

 上記以外のスペックでは、オクタコアCPU「HUAWEI Kirin 710」や3GBメモリー、Android 9、EMUI 9.0を搭載。日常使用ではストレスを感じさせない処理性能となっている。また、ストレージは32GBだが、microSDカードで最大512GBまで拡張可能なため、動画や写真など大量のコンテンツを保存しておくのにも安心だ。

microSDの増設にも対応している