このページの本文へ

Googlebot、最新Chromiumレンダリングエンジンをサポート、今後も継続アップデート #io19

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2019年05月09日 10時13分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Googlebot、最新Chromiumレンダリングエンジンをサポート、今後も継続アップデート #io19

米Google は2019年5月7日、米国マウンテンビューで開催中の Google I/O において、同社のクローラ Googlebot が最新のレンダリングエンジン・Chromium バージョン74 をサポートしたことを明らかにした。

これまで同社は、ウェブページをインデックスできるよう古いバージョン(41)のレンダリングエンジンでクローラを巡回させていたが、近年は最新のフレームワークを採用する Webサイト運営者にとって足かせとなっていた。Google にインデックスさせるために余計な仕事が増えてしまうからだ。

Martin Splitt氏は、Chrome 74 を採用することで、Googlebot は ES6 や新しい JavaScript 機能、Web Components v1 APIs、イメージと動画の遅延読み込みのための IntersectionObserver など1000以上の機能をサポートするという。

今後は Googlebot のレンダリングエンジンを定期的にアップデートし、常に最新のウェブプラットフォームをサポートできるようにしていく方針だ。

Googleクローラのレンダリングエンジンについては4月上旬に米SEO技術企業の DeepCrawl のスタッフが Twitter で指摘しており、Google も試験的に新しいレンダリングエンジンを利用していることは認めたものの、正式発表時期は明言していなかった。


The new evergreen Googlebot
https://webmasters.googleblog.com/2019/05/the-new-evergreen-googlebot.html

カテゴリートップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く