このページの本文へ

現代の日本人がタイに求めているものは、イサーン地方の食文化かもしれない タイの本当の魅力に迫る 東北部を巡る旅

文● 関口裕美(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本人の食生活にタイ料理が溶け込んで久しい。あの、辛さと酸味が特徴的な味は女性を中心に外食での選択肢として定着しているだけでなく、自宅で作るということも珍しいことではなくなっている。日本を代表するタイ料理レストラン「マンゴツリー」によるレシピブック『mango tree kitchen』が好評を得ているが、ではどれだけの人が我々が接しているタイ料理のルーツが「タイ東北部」にあることを知っているだろうか。タイ料理は好きだが当地を訪れたことのない女性ライターが参加したタイ東北部・イサーンを巡る旅から、食だけにとどまらないその魅力が見えてきた。(ライター/関口裕美)

タイ料理の源流・イサーン地方へ

 日本人はタイ料理が好きだ。そんな私も、タイ料理が大好きである。甘味と辛味、酸味のバランスで成り立つ味わいは複雑で、他にはない鮮烈な体験だと思う。そういえば私がよく行く小岩のタイ料理屋の店長が、「タイ料理は香りの料理なんですよ」と言っていた。ハーブやナンプラー、ライムなどがたっぷり入った、ごちゃ混ぜの快感! しかし、その食文化がどこから生まれ、伝わってきたものなのか、私はこれまで知らなかった。

 タイといわれて、最初に思い浮かぶ場所はどこだろう。バンコク、チェンマイ、アユタヤ遺跡。この辺りの地名は、さすがの私でも聞いたことがある。

 でも、今回行く場所ときたらどうだろう。『タイのイサーン地方で食文化の取材』と初めて聞いたとき、「はて?」と思った。イサーン地方、初めて聞く名前の土地だ。そもそも私はこれまでタイにも行ったことがない、ただおいしいものを食べるのが好きなだけの愛好家だ。まずはバンコクあたりから、徐々に体をタイに慣らしていった方がいいのでは?

イサーン北部ウドンタニーの市場通り
拡大画像表示

 でも、実はこのイサーン地方、新たな旅行先の選択肢として今ずいぶん人気があるらしい。なぜなら日本で愛されているタイ料理のルーツは、ほとんどがこのタイ東北・イサーン地方からにあるからだ。

 そう聞いたら、がぜん興味がわいてきた。よし、グルメ垂涎のイサーン地方で、おいしいものをたらふく食べよう。そんなわけで今回は、タイ料理レストラン『マンゴツリー』を運営する株式会社ミールワークス監修のもと、H.I.S、タイ国政府観光庁が主催する「タイ・イサーン地方」のスペシャルツアーに同行した。

古き良き郷土料理

 最近の旅行界隈では、いわゆる定番の観光スポット巡りより、なにかに特化したツアーが好評らしい。たとえば『暮らすように旅する』だったり、有名レストランをはしごしたり。今回のプランも、そんな『特化型ツアー』のひとつだ。

 巡ったのは、地元民にとってお馴染みの店や、外国人向けガイドブックには通常掲載されないようなレストラン。さすが『食文化の旅』! そして驚くことに、この旅で口にしたものは、どれも他では食べられないだろうものばかり。強烈で、どこまでも鮮やか。それが私にとってのイサーン料理だった。

 地図で言うと、イサーンはタイの東北部にあたる。タイの中でも最も広大な地域で、人口8000万人のうち、半数近くの3000万人がこの地域に暮らしている。

代表的なタイ料理「ソムタム」
拡大画像表示

 一番の特長は食文化だ。イサーンには、タイが誇る “古き良き郷土料理”がそのままの形で残っている。タイ料理を代表する「ソムタム(グリーンパパイヤのサラダ)」や「ガイヤーン(タイのBBQチキン)」、「ラープ(ひき肉などのサラダ)」。タイ料理好きならピンとくるだろうこれらの料理も、すべてはイサーン発祥のレシピだ。つまり、私たちが普段食べているタイ料理は、イコール、イサーン料理ともいえる。実際、マンゴツリーが店舗で提供しているメニューもイサーン料理が中心だ。

(上)調理中のガイヤーン/(下)大皿に盛られた付け合わせの野菜・ハーブ類
拡大画像表示

 これらの料理は、確かにバンコクでも食べられる。最終日にバンコクへ寄ったから間違いない。でも、味はずいぶんマイルドで平均化されている。人の流動が多い中心部・バンコクではすでに失われてしまっているものがイサーンにはあった。

 どのレストランでも、現地でしか味わえない香辛料(スパイス)をふんだんに使った一皿が並ぶ。付け合わせとして出てくる香草(ハーブ)も初めて見るものばかり。味わいも香りもさまざまで、眺めているだけでも面白い。中には、かなり青臭い風味で、どの料理と組み合わせて食べればいいのかわからないような個性の強いものまである。そのままじゃとても食べられない。

 さて、どう食べよう……と悩んでいると、タイ国政府観光庁の女性が優しく教えてくれた。

「このハーブは、この肉料理と一緒に食べるためのものです。臭みを消してくれます。他の料理とは組み合わせません」

 なるほど。とはいえ、付け合わせのハーブ類はひとつの籠に一緒くたに盛られて提供される。聞けば、現地の人であれば自然と組み合わせがわかるとのこと。では組み合わせ方を覚えてみようとハーブの名前を尋ねてみたものの、なんと細かい名称までは知らないそうだ。お店の人に聞いてもわからないらしい。結局、最後までハーブの正体は謎のままだった。この辺りも、郷土料理らしい“良い大雑把さ”が浸透していると思う。

日本人はなぜタイ料理に親しみを感じるのか

 現地の名店をいくつも周るうち、これほど日本でタイ料理がウケる理由がなんとなく見えてきた。

 まず、すべての料理には基本、唐辛子(チリ)が入る。塩気を加えるナンプラー(魚醤)や、砂糖として使われるパームシュガー(ココナッツシュガー)も欠かせない。甘くてしょっぱくて辛い、これがイサーン料理のベースだ。時にはシーユーカオ・シーユーダムという醤油も使われる。

ウドンタニーの南東にある「紅い睡蓮の海」と呼ばれる湖
拡大画像表示

 この組み合わせがやたらと舌に馴染む。場合によっては懐かしささえ感じる。たとえば煮物の味は、砂糖、醤油、塩で整えられている。甘みと塩気と辛み――このバランスが、なんだかちょっと和食に近いのだ。そしてここに、タイ料理には「マナオ(タイライム)」の酸味が加わる。塩とオリーブオイルの組み合わせでは満たせない部分に、タイ料理がぐんぐん染み込んでくる。これこそが、私たち日本人がタイ料理に対して親しみを持つ理由かもしれない。

 残念なことを挙げるとすれば、アクセスがイマイチなこと。日本からイサーン地方における主要都市のひとつ、ウドンターニー行きの直通便はない。日本からバンコクまでは直通便で7時間。その後、空港で2時間ほど待機し、ウドンターニー行きの飛行機へ乗り換え。結局着いたのは、日本を発ってから10時間以上後のこと! この乗り換えさえもっとよければ……とどれほど思ったことか。

センタラホテル ウドンタニの客室
拡大画像表示

 だが、一度でも腰を落ち着けてしてしまえば快適そのもの! ましてや今回泊まった「センタラホテル ウドンタニ」は4つ星の高級ホテル。“タイの田舎”イメージとはだいぶ違って、シャワーの水圧もちゃんとしているし、隣にはショッピングセンターも併設。正直至れり尽くせりだったので、そこまで旅慣れていない人でも安心だと思う。実際、私みたいな“タイビギナー”でも、一度もお腹の心配をすることなく過ごせた。ただし、生水を飲むのだけは全員から止められた。

現地シェフによる料理教室

(上)緑豊かな料理教室の会場/(下)様々な食材と調味料で現地の料理をつくる
拡大画像表示

 旅のメインイベントは、現地レストランで行われる料理教室! 現地のシェフが実習形式で教えてくれるとあって、参加者も大いに盛り上がっていた。「長年わからなかったハーブの使い方がようやくわかった」「本当の郷土料理が学べた」など、反応も上々。中にはメモを片手に、シェフへ熱心に質問を繰り返す人の姿も。『食文化の旅』というキャッチコピーに惹かれた人の集まりだからこそ、グルメに対する食いつき方もとびきりだ。

 教わるレシピは、いい意味でざっくりしている。小さじ何杯、何グラムという単位は、もはや飾り。女性シェフが材料をガバッと入れて「大体これくらい」と進む。だから作るたび、皿ごとに味が若干違う。でも、それがいい。工場生産のものにはないあったかさがある。

 レシピや日々の生活について語るアテンド側もまた、日本から来た客人との交流を楽しんでいる様子だった。

専用のすり鉢状のツボでつくるソムタム
拡大画像表示

 この旅を通して、たくさんのレシピを教わった。ただし、学んだからといって再現できるかは別物だ。なぜならハーブやスパイスの中には、日本ではなかなか手に入らないものも多い。たとえば、現地では当たり前のようにどの店にも置いてある「ネーム(発酵ソーセージ)」もそのひとつ。流通がこんなに発展した現代でも、タイから日本への輸出量はとても少ない。まさに現地でしか食べられない味。家で作るときには、ある程度のローカライズが必要になる。残念だが、仕方ない。またこの地域を訪れる理由になるなら、それでいい気もする。

イサーンにしかないもの、訪れるべき理由

 イサーン地方は農村地域だ。野菜やハーブ、香辛料、卵など、新鮮かつ豊富な食材に恵まれたからこそ、食文化も著しい発展を遂げたといえる。

1000年以上の歴史を持つピマーイ遺跡(ナコーンラーチャシーマー)
拡大画像表示

 一方で、農業しか主産業がないため、比較的貧しい家庭が多いのも実情だ。タイ全国民のうち、半数近くがこの地域の出身者であることは前述した通りだが、これだけの人数が全員、農業だけで利益をあげるのは難しい。より良い稼ぎを求めて、あるいは生活のために、バンコクなどの大都市に出稼ぎへ行く労働者も多いという。現地の若者も、将来のキャリアのため、都会の学校へ進学するケースが増えている。徐々に地元であるイサーンから離れつつある。これは日本も抱える、普遍的な課題だ。

笑顔で迎えてくれる市場のおばさん
拡大画像表示

 だからこそ、タイはもっとイサーン地方の持つ独自の文化を世界にアピールしていくべきだ。気軽に世界中を巡れるようになった今、人々は常に“ここでしかできない体験”を求めて旅をしている。そして、イサーンの持つ食文化はまさに“ここでしか味わえない魅力”そのものだ。

 これからの観光シーンにおいて、タイ・イサーン地方の人気はますます高まるはずだ。豊かな自然と、人の手のほとんど加えられていない遺跡群。一方で、観光大国・タイが誇る、過ごしやすく笑顔あふれるサービス。

 タイの食文化の源流が未だ色濃く残るこの地方を、あなたにも一度体験してほしい。

* * *

 ここからは余談。

 日本に帰ってきてから、私は軽い『イサーンロス』に襲われた。あまりに旅が楽しすぎたせいで、トンボ帰りしたくてたまらなかった。そんな気持ちを、この旅で知り合った参加者たちにポロリと共有したところ、なんと日本での“二次会”が発生! 年齢も出身地も異なる9名の参加者による、現地で習ったレシピの復習会が始まった。

 材料はタイの他、上野のアメ横や錦糸町のアジア食材店で調達。手に入らないものは容赦なく割愛。結果、数週間前までいたイサーンを彷彿とさせる品々が、これでもかとテーブルに並んだ。食べて、しゃべって、旅を懐かしんで。香りの記憶は心に残る。だから、たとえ現地とは違う味でも、料理に入ったこのハーブが、私をいつでもイサーンへ連れて行ってくれるのだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ