このページの本文へ

うんこミュージアム運営陣が熱弁を振るう「だからうんこは面白い」

文● 松嶋千春(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
童心にかえって「うんこ」を楽しめるミュージアムです。
うんこをモチーフにした児童書が大ヒットしたように、うんこは遊び心と笑い、そして難しいことさえ伝わるような魔力を持っているのだという Photo:PIXTA

3月15日、横浜駅に新オープンした商業施設アソビルで『うんこミュージアム』なる体験型展示がスタートした。トイレを模して人体の仕組みを説くような展示は既出だが、純粋にうんこをポップに楽しむ方向に振り切っているのが特徴的だ。同展示の運営陣に、“うんこ”にかける想いを聞いた。(清談社 松嶋千春)

見渡すかぎり“うんこ”だらけ
最高峰のウンターテイメント

「うんこミュージアムYOKOHAMA」は、うんこを見て、触って、撮って、遊べる、究極の“ウンターテイメント”がコンセプトだ。写真映えするうんこが撮れる「ウンスタジェニックエリア」、童心に帰って体感ゲームを楽しめる「ウンタラクティブエリア」、世界のうんこグッズに触れる「ウンテリジェンスエリア」という3つのエリアから構成される。

 同施設を手がけた面白法人カヤックのプロデューサー香田遼平氏は、国内外のうんこカルチャーについて次のように語る。

「日本では、Dr.スランプアラレちゃんのうんちくんのように、よりポップにキャラクターとして扱われています。日本ほどポップに扱われてはいませんが、世界でもうんこを使ったコンテンツは存在します。フランスには1600年代からうんこが描かれた版画が存在していますし、現在でもイギリスではうんこ博物館、韓国ではトイレ博物館などが運営されているのです」(香田氏)

 排泄の歴史やメカニズムを示すコンテンツにとどまらず、その姿は時代を追うごとに変化してきているという。

「漫画、おもちゃ、知育コンテンツ、iPhoneの絵文字……『カルチャーの数だけうんこがある』ので、他のカルチャーの成長に比例して、うんこをテーマにしたアウトプットは増えていると思います。国内で大ヒットするようなうんこサービスが出てくることで、少しずつうんこをエンターテイメントとして理解する人が増えてきたように思います」(香田氏)

シンプルにおもしろいうんこは
発想や理解を広げる媒介にもなる

「ただ単純におもしろい」のがうんこである

 また、面白法人カヤックでは、早くからうんこの可能性に注目。スマホアプリ『うんこ演算』、Twitterアカウント『うんこ名言bot』、『うんこ名言カレンダー』など、さまざまなうんこコンテンツをリリースし、“うんこのリーディングカンパニー”を宣言するほどだ。

「『一見いらないものに価値がある…』なんてご託を並べることもできるかもしれないけれど、うんこはうんこでしかありません。ただ単純におもしろい。社内のブレインストーミングでも、必ずと言っていいほどうんこネタで盛り上がります。なにかおもしろいことを考えるときに、うんこがクリエイティビティーを刺激してくれるんです」(面白法人カヤックCEO・柳澤氏)

 同社が2018年にリリースしたオンライン学習サービス『UN高』では、各業界のトップランナーが仕事術などをうんこに例えて講義する。難しくて伝わりにくいことも、うんこに例えることで伝わりやすくなる。うんこはいわば、裾野を広げてくれる媒介のような役割を果たしているそうだ。

「けしからん」を乗り越えて
“うんこオープン”な世界をつくる

やっぱり子どもはうんこが大好きなのである

 柳澤氏によれば、うんこミュージアムは「“けしからん”を乗り越える試み」だという。

「何事も、『けしからん』っていう理由でチャレンジにストップがかかるのは世の中にとって良くないと思うんです。この構想自体、『うんこだからしょうがないじゃん』っていう部分で『けしからん』を乗り越えてて、やることに意味がある。それに、うんこはある種どこにも権利が所属していないIP(知的財産)。いろんな人たちが『自分ならこう作る』ってチャレンジしていけば、世界に輸出できる日本のお家芸的なコンテンツになっていくと思います」(柳澤氏)

 では、“けしからん”のその先で提供するうんこの新たな価値とはどのようなものだろうか。

「うんこは汚いものという固定概念がありますが、うんこには難しいことも、嫌なことも、ネガティブをポジティブに変える力があります。よりポップに、カフェで女子大生がサラッとうんこの話をしてしまうような、そんな“うんこオープン”な世界をうんこミュージアムを通じてつくっています」(香田氏)

「しょうもなかったとしても『本当にクソだったな』ってオチがつく」と柳澤氏は逆にオイシイと言わんばかりに自虐ネタを口にする。目にした時点で脱力し、言葉にした時点で思わずほころんでしまうキラーコンテンツ“うんこ”。映えたい女子だけでなく、笑いの足りない大人も注目のスポットかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ