このページの本文へ

各種のソリューションを統合、さまざまなサービスで同社ソリューションを利用

アクロニス、開発者向けサービス「Acronis Cyber Platform」先行アクセス開始

2019年04月25日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Acronis Cyber Platform

 アクロニス・ジャパンは4月25日、開発者向けサービス「Acronis Cyber Platform」の先行アクセスを発表。4月26日0時から提供開始する。

 Acronis Cyber Platformは、ISV(Independent Software Vendor)やOEM、サービスプロバイダーへ同社の製品群のAPIおよびSDKを提供することで、さまざまなアプリケーションや機能に同社ソリューションを拡張できる開発者向けプラットフォーム。

 アクロニスの既存サービスから構成されており、SDKやサンプルコードによってサポートされる一連のAPIを備えるほか、バックアップサービスやファイル同期、共有、公証、ディザスタリカバリ―は SAPASの要素に対応して設計。簡単かつ効率よく安全・確実なサイバープロテクションソリューションを拡張できるとしている。

同社の各種ソリューションを活用してサービスに利用できる 

 4月26日からの提供は先行アクセスとなり、実提供は10月を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン