このページの本文へ

サムスン、独自の「暗号通貨」発行を計画か

Mike Orcutt

2019年04月25日 13時29分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サムスンが暗号通貨を発行するかもしれない。最新の報道によると、サムスンで暗号通貨計画が進行している可能性があるという。

サムスンが取り組んでいるとされるのが、独自のブロックチェーンの構築だ。詳細はあまり分かっていないが、「サムスンの社内状況に詳しい」という匿名の情報筋がコインデスクに語ったところによると、イーサリアム(Ethereum)を基盤とした独自のプライベート・ブロックチェーンを構築中だという。さらに、実験的プロジェクトが成功すれば、独自のトークンを発行する可能性もあるという。

サムスンの最新スマホ「ギャラクシーS10(Galaxy S10)」には、イーサリアムを基盤とするトークンと互換性のある暗号通貨ウォレット(秘密暗号鍵を保管するソフト)が組み込まれている。また、ギャラクシーS10は、ブロックチェーンを基盤とする「非中央集権型アプリケーション」(一般的にダップス=Dappsと呼ばれている)にも対応する見通しだ。 そう考えれば、サムスンがブロックチェーン・ゲームに参入しようとしている自体は、特に驚くべきことではない。

サムスンがもし本当に独自のブロックチェーンと暗号通貨を構築するつもりなら、フェイスブックJPモルガン日本のライン(LINE)日本最大の銀行である三菱UFJ銀行といった他の企業とともに、拡大しつつある一連の動きに名を連ねることになる。4000万人以上の利用者を擁するサムスンの主力製品であるギャラクシーS10に搭載されたブロックチェーン関連機能を考えれば、サムスンはこうした取り組みが暗号通貨愛好家以外にも受け入られると確信しているようだ。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ