このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第241回

もはやノートPCと同等:

アップル iPadがマウス対応か

2019年04月23日 19時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップル関連について語るポッドキャスト番組「Connected」が4月17日にそのことについて言及したところ、4月23日に米メディア「9to5mac」の記者でアプリ開発者のSteve Troughton-Smith氏がTwitterで「私の知るかぎりでは、たしかに開発が進められている」と裏付ける発言をした。

 同氏は「UIKit(iOS系アプリ用のフレームワーク)がMac用マウスサポートのあらゆる種類のAPIを採用することになった場合、すべてのプロユーザーが有効にするだろう」と付け加えている。

 なお、このマウスサポートのためにiOSの仕様が変更されることはなく、マウスを必要とするユーザーに向けて機能が追加されるかたちになるとのことだ。

 どのような仕組みでマウスがサポートされるのかわからないが、実現すればノートパソコン代わりにiPadを持ち歩く人が今よりも増えそうだ。

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中