このページの本文へ

実際のIoTデバイスからデータを収集・蓄積して加工してサーバーのテスト

IoT開発支援「mockmock」、「データレコーダー」プレビュー版が公開

2019年04月23日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
mockmock

 Fusicは4月19日より、IoTテスト用仮想デバイス作成サービス「mockmock」の新機能「データレコーダー」のプレビュー版をリリースした。

 mockmockは、IoT開発支援サービスで、クラウド上に仮想デバイス(mock)を作成して、ユーザーが開発しているサーバーに対して疑似データを送るもの。仮想デバイスは瞬時に動作や台数を変更でき、サーバーアプリケーションの動作確認や負荷検証が実デバイスなしで実施できる。

 新たに追加されたアドバンスドオプションのデータレコーダーは、実デバイスからのデータをmockmock上のストレージに蓄積し、送信日時を現在時刻に入れ替えてmockmockの仮想デバイスよりそのデータを送信し直すことができる。mockmockが提供する各種ジェネレーターが作り出すデータだけでなく、リアル(現実)のデータでのテストが可能になるという。蓄積したデータはmockmock上で加工でき、異常データを混入なども可能。

 料金は無料(プレビュー期間のみ)。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ