このページの本文へ

発売は4月25日からで、希望小売価格は6万4800円前後。

日本エイサーから、HDR 10対応の43型4Kディスプレーを発表

2019年04月23日 16時30分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DM431Kbmiiipx」

 日本エイサーは4月23日、DM1シリーズの新製品として「DM431Kbmiiipx」を発表した。発売は4月25日からで、希望小売価格は6万4800円前後。

画面の明るい部分と暗い部分を強調し、より実物に近い映像表現を可能にしたHDR 10に対応

 DM431Kbmiiipxは、映像における明暗の階調をより自然で深みのある映像表示を可能とするHDR 10に対応した43型の4Kディスプレー。視野角による色変化の少ないIPS方式パネルを搭載し、斜めから見ても鮮明な映像を堪能できるという。

ピクチャー・イン・ピクチャー(左)とピクチャー・バイ・ピクチャー(右)といった同時表示機能
目の疲労を抑制する「Acer VisionCare」技術を採用

 メイン画面内にサブ画面を表示するピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)、画面を左右均等に分け、2画面を並べて表示するピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)、臨場感あふれるサウンドを楽しめる5W+5Wのステレオスピーカーなどを搭載している。そのほか、目の疲れを抑制して長時間の視聴をサポートする「Acer VisionCare」技術を採用。

 本体サイズは約幅961.4×奥行240.0×高さ607.4mmで、重量は約7.9kg。表示領域は約941×529mm。画素ピッチは約0.245mm。表示色は約10億7000万色。可視角度は水平約178度/垂直178度。輝度は約250cd/平方メートル。応答速度は約5ms。インターフェースはミニD-sub 15ピン×1基、HDMI 2.0×1基、HDMI 1.4×2基、DisplayPort v1.2×1基など。

カテゴリートップへ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック