このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

世界を制したラリーカー「トヨタ・ヤリスWRC」に乗った!

2019年04月20日 12時00分更新

文● 栗原祥光 撮影●栗原祥光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

19年ぶりにWRCを制したあのマシンに乗れる!

 昨年、トヨタに19年ぶりとなるWRC(FIA世界ラリー選手権)のマニュファクチャラーズタイトルをもたらしたトヨタ・ヤリスWRC(日本名ヴィッツ)。そのマシン(WRカー)はいったいどんなものなのか。

 先日お台場で行なわれた「モータースポーツジャパン2019 フェスティバル イン お台場」で2018年モデルの同乗体験ができたので、レポートしよう。

モータースポーツジャパン2019でデモ走行するトヨタ・ヤリスWRC(2018年モデル)
モータースポーツジャパン2019の会場でメンテナンスを受けるトヨタ・ヤリスWRC(2018年モデル)

史上最強のヴィッツがWRCを席巻!

 トヨタ・ヤリスWRCは、日本では「ヴィッツ」の名で販売されているヤリスの3ドアモデルをベースに、四輪駆動システム、Xトラック製の6速シーケンシャルトランスミッション(変速はステアリング右手のパドルで操作)、公称値で最高出力380馬力以上、最大トルク425Nm以上を発生するTMG(Toyota Motorsport GmbH)製1600cc直列4気筒直噴ターボエンジンをフロントに搭載する。ヤリスWRCのデビュー戦である2017年シーズンの開幕戦のラリー・モンテカルロで2位表彰台を獲得、第2戦ラリー・スウェーデンでは優勝するなど、初年度から速さを見せつけた。

2017年シーズン第2戦ラリー・スウェーデンで疾走するトヨタ・ヤリスWRC。写真提供:トヨタ自動車/(C)TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
復帰第二戦、2017年シーズン第2戦ラリー・スウェーデンで優勝! 写真提供:トヨタ自動車/(C)TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 いっぽうでトヨタ自身が「今年は学びの1年」というように、データの少なさから来る信頼性不足に悩まされることもあった。しかし翌2018シーズンには改良型を投入。速さと信頼性を兼ね備えて、WRC復帰2年目にしてマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。

2018年シーズン最終戦ラリー・オーストラリアに参戦するトヨタ・ヤリスWRC。写真提供:トヨタ自動車/(C)TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
2018年シーズン最終戦ラリー・オーストラリアでマニュファクチャラーズタイトルを獲得! 写真提供:トヨタ自動車/(C)TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ