このページの本文へ

久保建英、18歳目前の今「バルセロナ復帰」を巡る周囲の本音

文● 藤江直人(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
久保建英
久保建英が6月に18歳になることを受け、バルセロナへの移籍などを巡り、海外からの久保の注目度も高まっています Photo:AFLO

試合を重ねるごとに存在感を増している、FC東京のMF久保建英の周囲がにわかにかまびすしさを増している。6月に国際間移籍が可能な年齢である18歳になる状況を受けて、つい最近もスペインのスポーツ新聞がかつて下部組織チームに所属した名門FCバルセロナへの復帰が内定したと報じ、すぐさまFC東京側が事実無根と否定するひと幕もあった。世界も注目し始めているホープの現在地だけでなく、平成で刻まれてきた軌跡、そして令和で紡がれる未来を追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

スペイン紙が「バルサ移籍」報道
久保建英の注目度は上昇中

 ファンやサポーターだけでなく、Jリーグの試合にはさまざまな顔ぶれが観戦に訪れている。これから先に対戦するJクラブの関係者が先乗りの目的で視察することもあれば、補強に目を光らせる強化担当者も、あるいはクライアントとして契約している選手たちの活躍ぶりを見守る代理人もいる。

 取材するメディアも含めて、ホームチームの広報スタッフに連絡を入れ、あるいは申請をしてスタジアムへ足を運ぶ。そして、開幕から5勝2分けと無敗をキープし、2位につけているFC東京の大金直樹代表取締役社長によれば、今シーズンの顔ぶれの中にちょっとした変化が生じているという。

「今までにないような海外のチームが、スカウティングで見に来ることがあります」

 はるばる日本へ、それもFC東京のホーム、味の素スタジアムを訪れる目的は何なのか。お目当ての選手がいると見るのが自然だろう。そして、今シーズンのFC東京には映像だけでなく実際にその目でチェックしてみたくなるほど、まばゆい輝きを放っている選手がいる。

「例えばですけど、多分そこは(久保)建英を見に来ているのかな、と」

 あくまでも私見で、想像の域も脱していない――こんな断りを入れたうえで、現役時代はFC東京の前身である東京ガスサッカー部でプレーしていた52歳の社長は、開幕から右MFのポジションを射止め、一戦ごとに右肩上がりで存在感を増している17歳の久保建英の名前を挙げた。

 試合後の取材エリアとなるミックスゾーンで、大金社長がこんな言葉を発したのは鹿島アントラーズに3-1で快勝した、14日の明治安田生命J1リーグ第7節後だった。本来ならば両チームの選手がメディアに対応する場所に、クラブのトップが姿を現したのにはもちろん理由があった。

 1906年の創刊とスペインで最古の歴史を持つスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』が、久保の去就を報じたのはアントラーズ戦前日の13日だった。来たる6月4日に18歳となり、国際サッカー連盟(FIFA)の規約上では海外移籍が可能となる状況を受けて、かつて下部組織に所属していたFCバルセロナへの復帰が内定したと記事は伝えていた。

「昨日の記事に関しては、クラブとして事実無根とお答えします。例えばバルセロナと何か契約行為があったとか、交渉も現時点ではありません。何も決定していません、ということをお伝えしたいということで、お集まりいただきました」

 同紙はシーズンの開幕を直前に控えた今年2月にも、同じニュアンスの記事を掲載。アントラーズ戦後と同じく、大金社長が即座にメディアへ対応した上で否定している。スペイン発の記事の背景にあるものを読み解くには、まずは久保とバルセロナの関係を振り返っておく必要がある。

10歳でバルサ下部に入団も
規約問題で失意の帰国、FC東京へ

 久保は10歳だった2011年夏に、バルセロナの下部組織の入団テストに合格してスペインへ渡った。しかし、年齢別に分けられたチームを順調に昇格していった矢先の2014年春に、18歳未満の国際間移籍を原則禁止とするFIFAの規約に、トップチームが抵触していたことが発覚する。

 久保自身はまったくあずかり知らない問題ながら、非情にも公式戦出場を禁じられる制裁処分の対象の一人になった。1年が経過しても状況が変わらなかったため、断腸の思いで2015年春に退団・帰国したが、FC東京の下部組織に加入してからも年に一度は古巣を訪問して旧交を温めてきた。

 ここで素朴な疑問が残る。スペインへ渡る前の久保は、川崎フロンターレの下部組織でプレーしていた。13歳で帰国した後は一転してFC東京の下部組織、中学生年代のFC東京U-15むさしの一員になった理由の1つとして、他と一線を画す強化のビジョンが提示された点が挙げられるだろう。

 当時のFC東京は若手を主体とするセカンドチームの発足を準備していて、Jリーグから承認されれば、すぐにでもJ3リーグへ参戦させる青写真も描いていた。迎えた2016シーズン。ガンバ大阪、セレッソ大阪とともに、FC東京はU-23チームをJ3の舞台で戦わせている。

 久保も中学3年生に進級した2016シーズンから、高校生年代のFC東京U-18に「飛び級」で昇格してプレー。その年の秋にはトップチームへ2種登録され、FC東京U-18に籍を置いたまま、トップチームの試合にも出られる状況が整い、実際にJ3のピッチに3度立っている。

 都内の全日制高校へ進学した2017シーズン。所属こそFC東京U-18だったが、久保の主戦場は2種登録されたトップチームであり、2ゴールを決めたJ3リーグに続いて、YBCルヴァンカップの舞台も経験。秋にはプロ契約を結び、16歳にしてJ1リーグでもデビューした。

 ほぼ同時期に、原則として午前中に行われるトップチームの練習へ、フル参加できるように通信制高校へ転校。プロサッカー選手として活動できる状況を自らの意思で整え、横浜F・マリノスへ期限付き移籍した昨シーズンの後半を経て、今シーズンの飛躍を迎えている。

 帰国後もバルセロナを訪れた久保の目的を、同紙は「いずれバルセロナに戻るため」と解説。その上で復帰後はセカンドチームのバルセロナBに所属してトップチーム昇格を目指すと伝え、ライバルチームのレアル・マドリードやパリ・サンジェルマンも久保に興味を示していると報じた。

 もっとも、スペイン発の一連の報道は、バルセロナからFC東京へのオファーを前提としている。そして、大金社長によれば、現時点で具体的な動きはないことになる。FC東京へ加入した2015年春の段階で、バルセロナとの優先交渉権が契約に盛り込まれていれば話も変わってくる。しかし、同社長は「他のクラブを含めて、特にはありません」と否定する。

 久保に関するニュースを連発する『エル・ムンド・デポルティーボ』は本社をバルセロナに置き、市民の誇りでもあるFCバルセロナに関する報道をメインとしている。下部組織時代に異彩を放った久保の動向を報じるのは当然の流れであり、時には期待を込めた憶測的な記事が掲載されることもあるだろう。

 そして、バルセロナが動けば宿命のライバルも呼応するとばかりに、マドリードに拠点を置くスポーツ紙で、約270万部と国内最多の発行部数を誇る『マルカ』も、レアル・マドリードが久保の代理人に対して現状を確認する連絡を入れた、と対抗するような記事を掲載している。

「代理人が誰なのか私も知らないというか、私やクラブの理解では、代理人はいない、となっているので。本人も『今は(FC東京で)試合にも出ていて、非常に充実している』と言っていますし、今後のことについても特に話していません」

 一気にかまびすしさを増した久保を取り巻く状況に、大金社長も苦笑いを浮かべるしかなかった。代理人に言及した部分から察するに、久保が未成年ということもあって、同社長とも親交がある久保の父親が現時点では窓口的な役割を果たしているのかもしれない。

FC東京が練りに練った
「天井効果」排除した育成法とは

 失意の帰国を余儀なくされた久保が、FC東京で刻んできた軌跡をあらためて振り返ってみる。そこにはフィジカル面の成長度合いを含めたタイミングを慎重に見極めながら、FC東京が練った周到な計画のもとで、いわゆる「天井効果」を排除する措置が施されてきたことが分かる。

 サッカーの育成年代でよく言われる「天井効果」とは、突出した才能をもつ若手を年齢に合わせたカテゴリーでプレーさせ続ければ刺激が少なくなり、マンネリ感を覚え、やがては伸び悩んでしまう状態を指す。時にはお山の大将となって、成長を止めてしまうこともあるだろう。

 そして、FC東京による「天井効果」を排除する措置とは、要は「6-3-3」の学校制度に則って下部組織で昇格させていくのではなく、ヨーロッパに倣った実力主義の下で天井の高さを徐々に上方修正。久保のモチベーションを刺激して、成長を加速させてきたことを意味する。

 U-23チームをJ3に参戦させていたFC東京は、またとない環境が整っていた。そして、J1リーグでも再び天井が近づいてくれば、チャレンジの舞台はおのずと日本から飛び出す。中田英寿が、中村俊輔が、そして本田圭佑らが旅立っていったように、視線はヨーロッパへと向けられる。

18歳になれば「興味」は「オファー」に
FC東京・大金社長の胸中は複雑

 規約上の年齢条件をまもなくクリアするからこそ、周囲も風雲急を告げてくる。文書による正式なオファーは届いていないものの、久保の存在に興味が示されることはあると大金社長は言う。興味があるからこそスカウティングに訪れ、クラブの総合的な判断をへてオファーへとつながる。

 興味がオファーへと変わる際には、正確な情報も必要になる。FC東京と久保との間で交わされている契約の詳細は、まさにその情報に該当する。久保が代理人を付けていないからこそ、懇意にしている日本人の代理人を介して、海外クラブから問い合わせが入るケースも出てきたと大金社長は言う。

「ただ、その件に関しては『お答えする必要はありません』と申し上げています」

 昨シーズンまでの久保ならば、海外のクラブから注目される状況はおそらく生まれなかった。フィジカル面の強さも身にまといつつある中で、攻撃面における稀有なスペックをより高いレベルで発揮できる状況が整い、フォア・ザ・チームの精神も芽生えたことで覚醒の時を迎えている。

 だからこそ、今年に入って2度もバルセロナに関するニュースが飛び込んできた。アントラーズ戦を前に『エル・ムンド・デポルティーボ』の記事を伝えた大金社長によれば、久保は「何なんですかね」と首をひねっていたという。嬉しい悲鳴にも聞こえる言葉を、同社長はこう紡いだ。

「今のチームの好調さは、建英の力もあると思っている。クラブとして今後も建英が必要だということに変わりはないけど、世界に注目されるだろうな、とも感じている。活躍してくれることはもちろん嬉しいんですけど、海外に出したくはない、というのは本音としてありますよね」

 然るべきタイミングで相応しいオファーが届けば、サッカー界に関わる一人として、さらなる成長を期して背中を押すだろう。一方でプロクラブを経営するトップとしては、2011年度の天皇杯を最後に遠ざかっているタイトル獲得を、特にまだ見ぬJ1リーグ戦制覇を久保の成長とともに成就させたい。

 大金社長が胸中に抱く、二律背反するような思いをチームに関わるすべての人々が共有しながら、FC東京は19日に勝ち点17で並び、得失点差でわずかに後塵を拝する首位のサンフレッチェ広島のホーム、エディオンスタジアム広島で序盤戦の天王山となる頂上決戦に臨む。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ