このページの本文へ

新たにOffice 365を導入する企業に向けた移行サポートパックも用意

NTT Com、Office 365のデータをまるごと保存する「クラウドバックアップ」

2019年04月18日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月18日、クラウドサービス「Office 365」の追加メニューとして、データバックアップサービス「クラウドバックアップ」の提供を開始した。

 Office 365を利用する企業ではコンプライアンスや監査対応を目的としてOffice 365のメールデータのバックアップ・アーカイブサービスを利用するところも多く、メール以外のデータバックアップに関する需要も高いという。NTT Comではこれらを踏まえ、米国でOffice 365のデータバックアップサービス提供実績が豊富なSkyKickと協業してサービス提供を開始。

 「Exchange Online」のメールデータや予定表、連絡先情報に加え、Office 365の主要サービスであるストレージサービス「SharePoint Online」および「OneDrive for Business」、統合コミュニケーションツール「Microsoft Teams」に保存しているファイルをすべてをバックアップ可能。契約期間内は無期限・容量無制限で保管でき、アーカイブとしての利用に加えて消えてしまったデータの復元やマルウェア感染やその他予期せぬ原因で消失したファイルの復元など、Office 365のみでは対処が難しいさまざまなケースに対応できる。

 バックアップは自動、復元はワンクリックのストレスフリーな使い勝手を提供し、管理稼働のかからない仕様となっている。ファイルを復元する際は、専用のポータルサイトにて対象のメールやファイル、フォルダ、アカウントなど、復元したい単位に応じたデータを検索してワンクリックで元の場所へ復元できるという。

 2020年の「Office 2010」と「Windows 7」のサポート提供の終了や働き方改革の推進などに向け、これからOffice 365を導入するユーザー向けに「移行サポートパック」がセットになったプランも用意。リモートでメール移行要件のヒアリング、移行設計、専用移行ツール設定、移行状況のモニタリングなどのサポートを行なうほか、移行先となる「Office 365」の初期設定サポート、管理者および利用者向けのトレーニングなども提供する。

 料金は要問い合わせ。価格例としては、Office 365各サービスのバックアップを行ない移行サポートを付ける場合、「Office 365 Business Essentials」ライセンスとクラウドバックアップ・移行サポートパック(Suite)の合計で初期費用31万円から、月額料金は960円/ID。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ