このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第236回

Apple Pencilも利用可能:

アップル次期macOSでiPadのサブディスプレイ化機能追加?

2019年04月17日 19時10分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは次期macOS 10.15にて、iPadをMacのサブディスプレーにできる機能を開発しているようだ。米メディア9to5Macが4月16日に報じた。

 同紙はmacOS 10.15の開発に詳しい情報筋からの話として、新しいシステムは外部ディスプレイにあらゆるアプリのウィンドウを送ることを可能にする機能を持つと伝えている。

 また、iPadをサブディスプレーとして使用する場合、対応機種であればApple Pencilも使えるという。つまり、iPadをペンタブレット用に利用できることになる。

 アップルは今年6月のWWDCでmacOS 10.15を発表するとみられている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中