このページの本文へ

アップルとクアルコム、突然の仲直り インテルはスマホ用5Gモデムから撤退

2019年04月17日 16時45分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルとクアルコムは16日(現地時間)、両社間の訴訟について、そのすべてを取り下げることで合意したと発表した。またこの合意には、6年間のライセンス契約と、複数年にわたるチップセットの供給についても含まれる。

激しい対立からの和解となったアップルとクアルコム。5G対応iPhoneにクアルコムの技術は不可欠と考えたのかはわからないが、インテルの5G戦略も大きな変更を求められることに

 クアルコムはファブレスの半導体企業として、スマートフォンに内蔵するチップセットやモデムの販売で高いシェアを持つとともに、ワイヤレス通信技術で多数の特許を保有しており、それらの技術を利用して端末を製造するメーカーに対し、ライセンス料を求めているとされる。

 同社は米連邦取引委員会(FTC)との間でも独占禁止法訴訟が進められているが、アップルとは2017年から特に激しく対立を続けており、世界各国で訴訟が行なわれていた。そうした関係もあり、現在のiPhoneではインテル製モデムの採用が進められてきた。

 同日にはインテルからも発表。2020年のローンチを予定していた5Gのスマートフォン向けモデムビジネスから撤退する(現行の4Gのモデムについては継続)。リリース内で同社CEOのボブ・スワン氏は「5Gとクラウド化されるネットワークにおけるチャンスには興奮しているが、スマートフォン向けモデムのビジネスについては収益に至る明確な道筋はない」とコメントし、5Gについてはあらためてさまざまな選択肢を検討しているとした。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン