このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

秘密は手元撮影とシンプルな授業 通信英語トレーニング体験レポート

臨場感そのまま 進化するオンライン英語ジムを体験してみた

2019年04月25日 07時00分更新

文● 北島幹雄/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アフター編:良くも悪くも学習環境の設定が重要

 さて、ENGLISH COMPANYでの指導は、スタジオ内でのトレーニングだけではない。ホームワークは、コンサルティングでやるべきことが調整され、日ごとにLINEなどを使ってトレーナーに報告して、フィードバックがもらえる。ただしこの部分については、ただの自主学習なので、オンラインでもリアルでも変わりない。

 そのような一方で、実際のスタジオに行かなくて済むのは、近くに環境がない人や時間がない人にとって、メリットが非常に大きいはずだ。

 ただし逆にデメリットとして、雰囲気ある学習環境の中で学びたいという人には不満点にもなるだろう。社会人にとって、自宅も含めた学習環境構築が重要なのは、前述したジム体験記事でも述べたとおりだ。

 明確なデメリットとしては、手元カメラの準備をしなければならない点だろうか。一応、持ち運びもできるサイズだが、さすがに毎回持ち歩くのは手間なので、定期的に勉強する場所は、自宅などで設定しなくてはならないだろう。

 なお、接地面積としてはPCの隣にA4のペーパーを置くくらい。自宅学習環境の整備ができない前提でオンラインでの指導を申し込む人はいないだろうが、この前提は重要だ。

 1回の体験ではあるが、学習効率化・徹底されたマンツーマンレッスンを売りにしているENGLISH COMPANYが選んだだけあって、オンラインでのトレーニングが、実際のものと変わりないレベルで展開できていることが理解できたはずだ。この先、VRやARで遠隔地でのトレーニングがより高度に発展すると、学習においては場所すら不要な状況もあるのではないかと、将来への期待もふくらむ体験だった。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ