このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「85V型(PN-L851H)」「75V型(PN-L751H)」「65V型(PN-L651H)」を発表

シャープ、4Kタッチディスプレー「BIG PAD」のスタンダードモデル3機種

2019年04月15日 11時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
電子黒板「BIG PAD」の4K スタンダードモデル「85V型(PN-L851H)」。6月下旬に発売予定で、想定価格は約130万円

 シャープは4月15日、電子黒板「BIG PAD」4Kモデルの新製品「85V型(PN-L851H)」「75V型(PN-L751H)」「65V型(PN-L651H)」を発表した。

「75V型(PN-L751H)」は5月下旬に発売予定とし、想定価格は約68万円
「65V型(PN-L651H)」も5月下旬に発売予定で、想定価格は約50万円
3機種との性能を比較するため、従来型の「70V型FHDモデル」も展示されていた

あらゆる用途で活躍する4K液晶タッチディスプレー3機種

シャープ ビジネスソリューション事業本部 ビジュアルソリューション事業部 商品企画部 部長の村松 佳浩氏が登壇

 シャープ ビジネスソリューション事業本部 ビジュアルソリューション事業部 商品企画部 部長の村松 佳浩氏が登壇し、BIG PADの新製品について説明した。

BIG PADのラインナップ。4K スタンダードモデル3機種が追加された
4K スタンダードモデル3機種の特長として、「高精細4K液晶ディスプレー」「InGlass方式タッチパネル+新タッチペン」「PC不要で使える内蔵コントローラー」「用途に応じた設置スタイル」の4点を挙げた

 今回発表された85V型、75V型、65V型は、2017年発売のBIG PAD 4Kハイエンドモデル「80V型」「70V型」に続く4K スタンダードモデル。松村氏は主な特長として、「4K液晶ディスプレー」「InGlass方式タッチパネル+新タッチペン」「PC不要で使える内蔵コントローラー」「用途に応じた設置スタイル」の4点を紹介した。

前へ 1 2 3 次へ