このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ!第33回

アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods」を初期化する方法

2019年04月15日 12時00分更新

文● 金子 麟太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AirPodsとiPhoneが繋がらない時や、売却する時に必要な初期化の作業。その方法はいたって簡単です。

 初期化をする前にAirPodsが充電されていることを確認する必要があります。バッテリー残量がない場合は充電してから初期化しましょう。

 AirPodsを両耳ともケースに収納して、ケースの背面にあるボタンを長く押し続けます。

 背面のボタンを押し続けると、ケースにあるステータスランプが白色で点滅します。更にそのまま押し続けます。オレンジ色から再度白色で点滅すると初期化作業の完了です。これでiPhoneやiPadなどとの接続も解除でき、AirPodsを工場出荷時の状態に戻すことができます。

 AirPodsが初期化されると、Bluetoothが有効なiPhoneを検知して、iPhoneの画面上には「接続(ペアリング)」を要求するメッセージが表示されます。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中