このページの本文へ

ソニーが新製品を「アクションカメラ」とは頑なに認めない理由

文● ダイヤモンド編集部,土本匡孝(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソニーが新製品を「アクションカメラ」と認めない本当の理由
ヘルメットの上にあるのがアクションカメラ。ウェアラブルで激しい動きの撮影ができる Photo:iStock/gettyimages

 米ゴープロが2000年代から市場を開拓し、アウトドアでの動画撮影などで好評なのが、個性派カメラの代表格「アクションカメラ」だ。

 明確な定義はないが、特徴はウェアラブル(ヘルメット、手首、リュックサックなどに)、アウトドアでの使用に耐え得る設計(防塵・防水・耐荷重性)、扱いやすい小型軽量ボディ、手ぶれ補正付きの動画撮影機能など。スノーボーダーが趣味で装着したり、プロモーションビデオの撮影で使われたりと、民生用、業務用ともにさまざまな場面で使われている。

 スマートフォンの登場で、デジタルカメラ市場とビデオカメラ市場が縮小する中、活況のこのアクションカメラ市場へ日系メーカーはこぞって参入した。

 だが先駆者でブランドイメージを確立しているゴープロの壁は厚かった。調査会社BCNによると、ゴープロは18年12月の国内販売台数ベースのメーカー別シェアで78.9%と他を圧倒している。

「お客様からは非常に高い評価をいただいたが、期待していたシェアを獲得できなかった」(ニコン)などとして、JVCケンウッド、パナソニック、ニコン、カシオ計算機は18年までに相次いで撤退した(*カシオ計算機はデジカメ事業すべて撤退)。

 その中にあってゴープロには遠く及ばないまでも、「アクションカム」シリーズを展開して18年12月国内シェア8.9%の2位と健闘するのがソニーだ。

 ただアクションカムは16年を最後に新製品が出ておらず、ソニーはむしろ17年から販売のアクションカメラとは似て非なる「RX0」シリーズに傾注している。

あくまで高級コンデジ!

「記事中でアクションカメラとは書かないでください」

ソニー「RX0Ⅱ」
ソニーが12日に発売するアクションカメラではなく、プレミアムコンパクトデジカメ『RX0 II』 Photo by Masataka Tsuchimoto

 ソニー担当者が念押しするRX0シリーズの新製品がRX0シリーズ第2弾で、4月12日発売の「RX0 II」。

 見た目はいわゆるアクションカメラそのもので前述の特徴もほとんど押さえているが、ソニー担当者はあくまで、「小さいプレミアムコンパクトデジカメ(コンデジ)です」と譲らない。

 確かに、搭載するイメージセンサーが1型と高画質だったり、ウェアラブル想定ではなかったりと、いわゆるアクションカメラとの違いはある。1型イメージセンサーと可動式モニター搭載の“コンデジ”としては、「世界最小、最軽量」(59×40.5×35ミミリ、132グラム)と、ソニーはアピールする。

 アクションカメラに明確な定義がない以上、ソニーが頑なに否定すればそれまでではある。だがマーケティング上の理由は容易に推察できる。

 アクションカメラと認識されれば、世界的なブランド戦略に成功しているゴープロのアクションカメラの後追いの一つと見られ、「高画質などの優位性があるのに存在が埋没してしまう恐れ」(BCNの道越一郎アナリスト)があるからだ。ゴープロとはアクションカムシリーズで正面から挑んで既に大差をつけられており、RX0シリーズでは同じ土俵に乗るのは避けたいのだろう。

 さらに言えば、「RX0 II」の市場推定価格は8万5000円前後。アクションカメラの平均単価が約4万円なのに対し、かなり高額。だがプレミアムコンデジとして打ち出せば、「こんな小さなボディにこれだけの機能を詰められたお得なカメラ」(別のソニー担当者)との見方ができる。事実、最新の画像処理エンジンを搭載するなどソニーのテクノロジーが凝縮したカメラではある。

 ところでアクションカメラまわりで不気味な存在なのが、カメラ世界大手の老舗キヤノンだ。17年以降、「アクションカメラに近い物を開発中」としているが、いまだに製品は出てこない。出入りの激しい市場故に、いまだに市場動向を見極めているとみられる。

 いずれにせよ、18年にフルサイズと呼ばれるカメラ市場で初めて世界シェア1位を獲得したカメラ業界の新興勢力ソニーが、個性派カメラでもじわじわと存在感を出しているのは間違いない。

(ダイヤモンド編集部 土本匡孝)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ