このページの本文へ

カジノディーラー育成学校の志願者が急増中、10代の若者から主婦まで

文● 松嶋千春(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カジノディーラー志願者たちの声を聞いてみました。
カジノ法案が可決したことで、ディーラー志望者が増えている。ディーラーにはゲームの正しい進行はもちろん、接客技術やトラブル発生時の対応など、さまざまな知識が求められる Photo:PIXTA

2018年7月に可決成立したIR整備法。日本ではカジノというビジネスはまだまだなじみは薄いが、今後の産業の担い手・消費者予備軍となる若者にスポットを当て、若者がどのような価値を見いだし、どのように関わっていくのかを探っていくシリーズ企画。第1弾は、日本初のカジノディーラー養成機関である日本カジノスクールで話を聞いた。ディーラーの育成が急がれる今、ディーラーの卵や育成者たちは何を思うのか。(清談社 松嶋千春)

18年度の生徒は16年度の約4倍
東南アジアでの需要高まる

 2004年4月に開校した日本カジノスクールの校長・大岩根成悦氏は、日本版IRカジノ合法化の追い風を感じているという。

「2016年度の生徒数は42人、同年12月にIR推進法が通り、翌17年度は104人になりました。さらに、18年7月にIR整備法が可決され、18年度の生徒数は167人に。ニュースでIR(統合型リゾート)という言葉を初めて知り、興味を持ったのがきっかけで応募してくる人が増えています」(大岩根氏)

 彼らは、具体的にどのような志を持って入校してくるのだろうか。

「スーパーバイザーなどの管理職を目指すコースには、社会人経験のある上の年代が集まると思ったのですが、いざ開設したら『将来は一歩上を行くんだ』という志の高い若い人が多いです。全体で見ると『海外で経験を積んで、日本版IRカジノで働きたい』という人が約半数で、会社員・OL・主婦の方は『今すぐにではないけれど、日本にIRカジノができたらすぐに働けるように』という人が多いです。一方、ルーレットなど特定のゲームの進行を学ぶコースには、50~60代で趣味として学んでいる人が多い印象です」(大岩根氏)

 同校のこれまでの卒業生約700人のうち、約2割は海外のIRカジノで働いているそうだ。日本人ディーラーの需要があるエリアはどの辺りだろうか。

「カンボジアやベトナムといった、日本企業の駐在員が多い国での求人が増えています。卒業生が一番多く在籍しているのはシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで、70~80人ほど働いています。また、カナダにはワーキングホリデーを利用して働ける提携カジノがあり、毎年コンスタントに5~6人ずつ送り出しています」(大岩根氏)

おもてなしに価値を見いだし
海外でチャレンジしたい

 同校のプログラムでは、ゲームの進行、カジノ文化、英語での接客・接遇などを座学・実技を交えて学ぶ。学生たちにも実際に話を聞いてみた。

ディーラー総合6ヵ月コース 藤 誠志朗さん(20)
「IRのニュースを見て初めてカジノに興味を持ちました。公務員だったのですが、新しい仕事にチャレンジしたくて、やるなら早めがいいだろうと思い仕事を辞めて入校しました。カジノの入場には年齢制限があるため、まだ海外のカジノで実際にプレイしたことはないのですが、国内のカジノアミューズメント施設に行ってプレイヤー視点で楽しみました。『ディーラーはどういうふうに動いているんだろう』という点でも勉強になりました。卒業後は、ワーキングホリデーでカナダに行きたいです。海外で経験を積んで、いずれは日本のIRのカジノで働きたいですね」

スーパーバイザー1年コース 江崎 帆南さん(22)
「もともと、デジタル・アナログを問わずゲームが好きで、『遊びを使ってもてなす』とはどういうことなんだろう、提供する側になったらどういう知識が必要なんだろう、というところからディーラーに興味を持ちました。自分が本当にスーパーバイザーになるかはわからないけれど、上の仕事を把握することで先読みの行動ができてディーラーの仕事もやりやすくなると思うんです。練習していて楽しいのはブラックジャック。しゃべることが好きなので、お客様とコミュニケーションをとりつつ、楽しんでいただけるサービスを提供していきたいですね」

日本版IRカジノを牽引する
スーパーバイザーに必要な素養とは

 東京校で講師を務める佐藤大介氏も、同スクールの卒業生だ。2007年4月~9月の約半年間でディーラーの知識・技術を学んだ後、採用試験を経て2008年4月に北マリアナ諸島へ渡航した。当時、25歳だった。

「船上レストランのウエーターとして働いていましたが、職場の回覧板で回ってきた新聞の切り抜きでカジノスクールのことを知りました。エンタメ色の強い接客業という共通項もあって興味が湧きました。実際に見学に行って、インターンシップ制度の具体的な説明を受け、入校を決めました」(佐藤氏)

 北マリアナ諸島のカジノで約4年間ディーラーとして就業。そこでの経験は、新しいゲームを覚えることや、技術の向上につながったという。その後、クルーズ船のカジノで働くことになる。

「1年ほどディーラーを務めたのち、スーパーバイザーに昇進しました。担当テーブルの管理をしつつ、接客も大事にします。また、ディーラーはトラブルが発生したときに直接対応することはないのですが、スーパーバイザーはルールを守らないお客様にも冷静に、ときに強めに対応しなければなりません。自分でも対応できないことがあれば、さらに上の役職に報告します」(佐藤氏)
 
 さらに、お客はもちろん、ディーラーも心地よく仕事ができる環境を整えることも重要な仕事だという。スーパーバイザーを務めるために必要な心構えとは何だろうか。

「これはディーラーにも共通していえるのですが、全てにおいて公平・公正であることです。なにかトラブルが起きたときに公正なジャッジをするためには、チップの並べ方ひとつにしても、マニュアルを順守しなければなりません。その大前提を押さえた上で、技術が申し分なく、所作も美しく、接客に長けた人材を育てていきたいですね。日本はカジノ後進国ですけれど、丁寧な接客は日本の良いところだと思うので、日本のIRカジノを訪れた人に『どこのカジノよりも素晴らしい』と言っていただけるようなディーラーを育てていきたいです」(佐藤氏)

 カジノといえばディーラーにフォーカスされるが、その他にも多くの重要な仕事が存在する。

「今後、強化していきたいのは、ディーラー、スーパーバイザーのさらに上のピットマネジャーやセキュリティーチェック、会計などの教育です。あとはVIPのお客様を集客・おもてなしするマーケティングスタッフも重要なポジション。日本はカジノ最後発なだけに、お客様に来ていただくためには立派なハードとともに、高い接客ホスピタリティーが不可欠です。世界最高峰のIRカジノを目指してくれる方にぜひ入学していただき、日本の夜明けを一緒に迎えたいです」(大岩根校長)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ