このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説第36回

すでにキャッシュレスでは先行している:

au PAYが後発でも強い理由

2019年04月08日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●毎月付与のポイントを利用できる

 ユーザーにQRコード決済サービスを使ってもらうため新たにアプリをダウンロードしてもらうというのは、それだけで高いハードルになってしまう。LINE Payやメルペイが既存のアプリの新機能として決済サービスを追加したように、au PAYも既存のau WALLETアプリの新機能として提供することで、利用のハードルを下げるようにしたわけだ。

 また「なんちゃらPay」が乱立する中、au PAYの強みとなるのが「通信キャリアが提供する決済サービス」という点だ。

 携帯電話のユーザーは毎月キャリアに通信料金を支払っている。その見返りとしてキャリアはユーザーにポイントを付与している。

 KDDIはすべてのユーザーが保有するポイントが1000億円を超える残高になっているという。しかも1000ポイント以上のユーザーは1400万人以上、1万ポイント以上でも約100万人規模になるとのことだ。

 毎月継続的にポイントが付与され、そのポイントをすぐに現金代わりにQRコード決済で利用できるというのはキャリアのサービスならではといえる。

 もうひとつau PAYのキャリアならではの機能が、今年夏に提供予定の「リアルタイムチャージ機能」だ。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン