このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第36回

すでにキャッシュレスでは先行している:

au PAYが後発でも強い理由

2019年04月08日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月9日、KDDIはバーコードやQRコードを使った決済サービス「au PAY」を開始する。

 市場にはすでに「なんちゃらPay」が乱立し、KDDIは一見、後発に見える。しかし実際のところ、KDDIにはキャッシュレス事業者としては「業界のパイオニア」という自負が伺える。

 実はKDDIは、すでに2014年に「au WALLET プリペイドカード」「au WALLET クレジットカード」といった物理カードを発行。その後、Apple Payで非接触決済にも対応した。

 すでに携帯電話料金の支払いや、端末購入時のキャッシュバックのポイントを現金価値に換えて利用できる仕組みを整備済みなのだ。

 このとき、ポイントなどを管理するためのアプリを配布している。今回スタートするau PAYは、このau WALLETアプリをバージョンアップさせることで誰でも利用できるようになる。

 「au WALLETプリペイドカードは誰でも持てるカードとして、結果的に2000万枚配布した。この5年で多くのユーザーにバーチャルの口座を持ってもらえたことが大きな成果と言える」(KDDI・ライフデザイン事業本部新規ビジネス推進本部、中井武志副本部長)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン