このページの本文へ

証券と商品の「総合取引所」ついに合意、幹部らの利害渦巻く舞台裏

文● ダイヤモンド編集部,竹田幸平(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
会見の様子
Photo by Kohei Takeda

第一次安倍政権時代に構想が浮上してから足掛け13年。日本取引所グループと東京商品取引所が28日、株式や債券に加え、商品先物を一元的に扱う「総合取引所」の設立への基本合意をようやく交わすに至った。だが、協議過程では当事者間の利害や思惑が優先され、本丸の商品市場の活性化への議論は道半ば。両取引所のトップの資質にも疑問符が投げかけられている。そんな今回の統合交渉の過程から浮かび上がってきたのは、ニッポンの商品市場が“ディール(取引)”の犠牲となってしまった実態だ。(ダイヤモンド編集部 竹田幸平)

 今年1月、「総合取引所」を巡る東京商品取引所(東商取)の濵田道隆社長の考えを豹変させる出来事があった。転機となったのは、日本取引所グループ(JPX)の清田瞭CEO(最高経営責任者)と面談したこと。15年に東商取社長へ就任後、かねて強硬にも映る態度で総合取引所の実現に反対してきた濵田氏に、一体何が起きたのか。

 両者の面談自体はそれまでも行われていたが、実はこの際、濵田氏は清田氏から「JPXの役員ポスト」という“にんじん”を目の前に差し出された。すると、それまでは商品市場の活性化につながらないなどとして実質的に総合取引所には反対論を貫き、「JPXからの30%出資・商品移管は一切なし」というスキームが限度とする立場を取ってきたにもかかわらず、これ以降は「JPXの100%出資・電力先物と原油以外は全て移管」を受け入れる方向性へあっさり翻意したのだ。

 統合はまだ先であるにもかかわらず、すでに「JPXの濵田」と言い、株主である商品先物業者らの怒りを買っている有り様だ。濵田氏はさらに、東商取の商品をJPX傘下の大阪取引所に移す関係などから「JPX役員・大阪取引所役員・東商取社長」の3つの肩書きがつくとして「給料が3倍になる」と周囲に冗談を言う厚顔さだという。

 これまで濵田氏が総合取引所の実現に慎重だった背景には、監督官庁の天下りポストを巡る省益争いがある。株式や金融先物を扱うJPXは金融庁が監督官庁。東商取が扱う商品先物については、農産品以外は経済産業省が監督官庁となっている。濵田氏を含め東商取の歴代トップは6代連続で経産省OBと、同省の有力な天下り先。前任の江崎氏らの時代を含め、構想が浮上して以降10年以上も総合取引所が実現しなかった背景には、こうした利権を巡り省庁間の調整が進まなかったことがある。総合取引所の実現に際しては、経産省から金融庁に規制・監督を一元化する方向で議論されてきたことから、濵田氏は統合交渉の進展で自身にマイナスの影響が及びかねないと考えていた節がある。

 ところが、1月の面談で自身のポストが確保されたと見るや否やその心配がなくなり、考えを翻したというわけだ。濵田氏は総合取引所の基本合意に関する3月28日の記者会見で、「昨年来の何度かの話し合いでJPXとなら実現できると確信し合意に至った」と説明した。だが、先のエピソードからは「自身の処遇こそが最重要」というのが本音とみられても仕方がない。「結局、自分がよければいいのか」――。業界関係者は一様に、そんな濵田氏のトップとしての資質に疑問符を投げかける。

レガシーづくりに奔走
内規違反もトップに居座る

 かたや、JPXの清田氏。かねて総合取引所が「日本市場の活性化に必要」と語ってきたのは表向きの理由だ。その裏側には、コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)導入をはじめ、幾つか目に見える成果を残した前任の斉藤惇氏(現プロ野球コミッショナー)に比べ、15年からCEOを務める清田氏にはなお目立ったレガシー(遺産)が見当たらないという事実がある。

 実際、総合取引所として実質的な機能を発揮するには東商取から多様な商品の移管が大前提となるはずだが、交渉の初期段階で半ば「総合取引所が実現さえすればよい」とディールを急ぐかのような姿勢を示した清田氏の「筋のなさに驚いた」という業界関係者の証言もある。成果づくりをしたいとの焦りにも似た思いが垣間見えるわけだ。

 しかも清田氏を巡っては、昨秋から本格化した総合取引所の協議の真っ只中である11月、上場インフラファンドの取引でJPXの内規に違反していた事実が発覚。「証券界のキャリアが長く、まして資本市場の要となるべき取引所トップとしてあるまじき行為」(証券会社社員)といった批判が渦巻いた。これにはJPXの監督官庁である金融庁も怒り心頭にもかかわらず、清田氏は進退問題をうやむやにしてトップに居座り続けている。のみならず、業界で悪評高い濵田氏へのポストの処遇を取引材料に自身のレガシーを実現すべく、日本の商品市場を“ディール”の材料へと貶めてしまった。

 今回、総合取引所構想が昨秋から一気に動き出した背景には、安倍首相の諮問機関である規制改革推進会議で「緊急に取り組む」との方針が示されるといった“外圧”の影響も少なくないが、そんな状況に乗じ当事者間の取引材料へ貶められてしまった側面は否めない。清田氏は28日の記者会見でも、質疑応答への返答で開口一番、今回の統合協議について「濵田社長のリーダーシップや関係省庁等のご理解をいただいて基本合意を結べたことを大変うれしく思っている」と持ち上げた。

低落するニッポンの商品市場
安全保障面で重要との指摘も

 総合取引所を巡ってはこれまでも多様なステークホルダー(利害関係者)の思惑が絡み合い、長年にわたり遅々として交渉が進んでこなかった(詳細は週刊ダイヤモンド2018年12月1日号・第2特集「動き出した『総合取引所』構想」参照)。そんな姿が今回の統合過程でも露呈し、本丸であるはずの商品市場の活性化に向けた議論は「未だほとんどなされていないのが実情」(業界関係者)というわけだ。処遇や実績を巡るディールを結び合う一方で置き去りにされたのは、本来最も重視すべき市場活性化への議論だ。

 国内商品市場の低落ぶりは目を覆うばかり。商品先物市場の出来高は04~17年の間に世界全体の出来高が約8倍となる一方、国内市場は約6分の1に急減するなどもはや風前の灯火だ。そんな商品市場がそもそも、なぜ重要かといえば、価格発見機能といった市場本来の役割もさることながら、国の安全保障にも通じることがある。一国の市場インフラを担う取引所は公共性が高く、一般的な民間企業とは性質が異なる点は否定できない。

 日本ではあまり知られていないが、欧米ではこのところ国際情勢を語る際、地政学(Geopolitics)から派生した「地経学(Geo-economics、ジオエコノミクス)」という考え方を用いる場面が増えており、ダボス会議でも専門家グループがつくられている。このコンセプトを広げた代表的な近著が『War by Other Means』(2016年、邦訳未完)。本書によると、地経学とは「地政学的な目的のために経済的な手段を使うこと」で、貿易制裁などを巡って応酬を繰り広げる米国と中国の経済摩擦は直近の典型例だ。

 このコンセプトに立った時、コモディティー関連で日本の記憶によぎるのは、2010年ごろに尖閣諸島を巡って衝突した際、中国が日本へレアアース禁輸の措置を講じたこと。当時はこれを受けてレアアース価格が急騰、産業界に大混乱が生じた。その中国がここにきて、世界の国際商品市場で急速に存在感を高めている。かつて東商取の売買が盛んだった頃は、東京のゴム先物相場が国際的な「価格指標」とみなされていたが、今や売買高が大きくなった上海ゴム先物にその地位を奪われてしまった。

 原油なら、ニューヨーク市場のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油と欧州の北海ブレント原油が長年、世界の「価格指標」の座を競ってきた。価格指標がどの国のものにせよ、本来的に「価格は市場が決める」のが原則論だが、国際情勢に詳しい専門家は「将来的に中国が価格決定権を握ってしまえば何が起きるか分からない」と警告する。

未だ描かれぬグランドデザイン
今回の合意は始まりに過ぎない

 日本としてはこうした観点を含め、自国の商品先物市場の姿をどう描くか、というビジョンが重要になってくるはずだが、一連の議論では、そのような市場のグランドデザインをどう描くかは打ち出されていない。

 今後、JPXは6月末めどに東商取へTOB(株式公開買い付け)を始め、10月に買収を完了する予定。実現後は証券や商品を一つの取引所で売買できる世界標準の形態となり、投資家の利便性改善への一里塚を築いたのは事実だ。東商取は貴金属や農産物などの商品先物をJPX傘下の大阪取引所に移管。ぎりぎりまで議論が続いた原油などエネルギー関係の商品は当面残すことになったが、将来の移管について継続協議し、東商取は電力やLNG(液化天然ガス)の上場を見据えたエネルギー市場との位置付けで再始動することになった。

 低迷甚だしいニッポンの商品市場の活性化に向けては、グローバルな投資マネーを呼び込むため、国内外の投資家や当業者にとって魅力ある市場や商品を設計できるかがカギとなる。結婚が人生の「ゴール」でなく夫婦生活の「スタート」であるように、今回の基本合意はほんの始まりに過ぎない。

 28日の記者会見で両トップが「実務的な詰めや商品デリバティブ(金融派生商品)市場の発展に向けた作業は多く残っており、気を引き締めて参りたい」(清田氏)、「詳細な協議はこれから」(濵田氏)とそれぞれ語った言葉に希望を見出したいところではある。総合取引所というハコの準備が整った今、「商品市場の活性化」という結果を少しでも早く実現しなければ、海外取引所との差は開くばかりだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ