このページの本文へ

PR TIMESとリコーが業務提携 「THETA」360度画像のプレスリリースを配信

2019年03月25日 17時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PR TIMESとリコーが業務提携
「THETA」の360度画像のプレスリリースを配信

 PR TIMESとリコーは3月25日に業務提携契約を締結し、360度イメージを活用したプレスリリース配信の提供と、双方の営業・マーケティングに関する協力を開始した。

 両社はRICOH THETAで撮影した360度画像をクラウドサービス「THETA 360.biz」で保存し、1アクションでPR TIMESプレスリリース投稿画面に挿入する新機能を共同で開発。同機能の提供開始時点では360度の静止画表示からのスタートとなるが、5Gの高速・大容量・低遅延の通信環境に見合うリッチコンテンツとして、360度の動画表示に関しても対応の準備を進める方針。

 発表会にはリコーSmartVision事業本部事業本部長の大谷渉氏が登壇。大谷氏は「ビジネスでも3Dでの用途が広がってきた。いろいろな人が関わる現場は言葉で説明するより写真で見せた方がわかりやすい」とコメント。さらに、大谷氏はPR TIMESとの業務提携に関して「360度の可能性を社会に広めたいと考えていた。PR TIMESとは共感できる部分が非常に多い」と語った。

リコーSmartVision事業本部事業本部長の大谷渉氏
ビジネス用途における360度画像の広がり契約社数は5000社を超える

 続いてPR TIMES代表取締役の山口拓己氏が登壇。山口氏は今回の業務提携による360度画像のプレスリリース配信に関して「情報が立体的になると考えている。また、画像だけより圧倒的な情報を得ることができるので、ロケハン(ロケーションハンティング)がいらなくなるかもしれない」と語った。

PR TIMES代表取締役の山口拓己氏

 「THETA 360.biz」利用時はリコーの360度カメラ「RICOH THETA V」が三脚とともに無料でレンタルできる。撮影した画像は画像クラウドサービス「THETA 360.biz」で保存、PR TIMESにプレスリリースを投稿する仕組み。さらに埋め込んだ360度画像は、リンクをiframeで埋め込むことでメディアが掲載できる。

PR TIMESが配信するプレスリリースに360度映像を埋め込めるさらに360度画像は、メディアがリンクをiframeで埋め込むことで掲載できる
想定利用シーンTHETA Vは三脚とともに無料レンタルできる

 山口氏は「THETA 360.biz」の先着100社限定キャンペーンとして、月額料金無料で広告非表示、月間PV制限なしのPR TIMES提携プランを発表。先行導入事例とともに360度画像が埋め込まれたプレスリリースを紹介した。

先着100社のPR TIMES提携プランも発表
RICOH THETA

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン