このページの本文へ

GeForce GTX 1060搭載でフルHDなら設定次第でほとんどのゲームが快適

コスパ最強目指すなら、Core i5-9400Fの10万円ゲーミングPCがベスト!

2019年03月29日 11時00分更新

文● 柴田尚 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

内蔵GPUなくても性能はバッチリ!
コスパと性能のバランスのよさが光る

 では、各種ベンチマークソフトによりLEVEL-M0B6-i5F-RNJRの実力を具体的に見ていこう。まずはCINEBENCH R15にてCore i5-9400Fのパワーをチェックしてみた。コア単体では167cb、CPU全体では781cbという結果が出た。前世代のミドルレンジモデルとして人気のCore i5-8400を少し上回る性能となった。内蔵GPUはないが、CPU性能はしっかりとしている。

CINEBENCH R15の結果

 CrystalDiskMark 6.0.1でストレージの速度を計測。LEVEL-M0B6-i5F-RNJRは、メインドライブとなるSSDと、データドライブとなるHDDのデュアルドライブ構成。SSDのほうは以下のように十分な速度を出してくれている。HDDのほうはアクセス速度より容量のほうを重視すべきであるが、それでも十分なアクセススピードとなった。

メインストレージとなるSSDのアクセス速度。これでも十分速いが、BTOでNVMe M.2接続SSDに変更すればさらなる高速アクセスを得られるデータストレージとなるHDDのアクセス速度。ストレージ速度が必要なゲームはSSDに、それ以外のデータやゲーム内スクリーンショットなどはHDDに保存しておくといい

 PC全体のパワーを見るため、PCMark 8の「Home」、「Creative」、「Work」の項目を、それぞれaccelarated(GPUも稼働させてのテスト)の状態で走らせた。Homeでは5292、Creativeでは7697、Workでは5434とそれぞれよいスコアを出している。

ウェブブラウジングや画像処理など、一般的なPCの使い方におけるスコアを見る「Home」
ブラウジングが画像処理に加え、ビデオ編集やゲームプレイなどのスコアを見る「Creative」
ブラウジングとテキスト編集のスコアを見る「Work」