このページの本文へ

元地下アイドルが地獄の日々を激白「私は人間不信に陥った」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
地下アイドルたちの待遇は、決して恵まれたものではありません。
レッスンは自主練、暴言を吐くファンにも対応を強いられる――現役地下アイドルや元地下アイドルの証言から垣間見えるのは、悲惨な現実だった(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバーがファンから暴行を受けた事件は、世間に大きな衝撃を与えた。しかも運営側は被害者メンバーに謝罪をさせ、再発防止策に防犯ベルを支給するだけなど不誠実な対応もあって、さらなる批判を浴びることに。「国民的アイドル」の運営ですらこのありさまというなら、「地下アイドル」はより悲惨なのではないだろうか。元地下アイドルに実情を聞いた。(清談社 ますだポム子)

事務所のいい加減さに困惑…
元地下アイドルの告白

 そもそも、「地下アイドル」の定義とはなんなのか。

「明確な定義はなくて、正直曖昧だと思いますよ。あくまで私の持論ですが、名乗れば誰でもなれるのが『地下アイドル』。CDを出してそこそこ名が知られたら『半地下』、誰もが知っている存在になったら『アイドル』、と呼べると思ってます」

 そう話してくれたのは、とある芸能事務所の「地下アイドル」グループに在籍していたミサキさん(仮名・24歳)。昔から人前に立つことが好きだった彼女は、大学2年生の時、たまたま見つけた地下アイドルグループのオーディションに応募し、見事合格した。

「アイドルなんて若いうちしかできないと思ったから、ノリで受けたんです。絶対落ちると思ってたので、受かった時はビックリしました。歌もダンスも未経験だったけど、事務所から『無料でレッスンが受けられます』って言われて安心してたんですが…」

 しかし、実際にレッスンが始まってみると、あまりのいい加減さに衝撃を受けたという。

「ステージデビューするまで3ヵ月くらいのレッスン期間があったんですけど、ボーカルもダンスも、先生がついてくれたのは初めの数回だけ。あとは事務所の人にすら見てもらえず、ひたすら自主練習の繰り返しでした。でも素人の集まりなのですぐ限界が来てしまい、事務所の人に『先生をつけてください』とお願いしましたが、ろくに取り合ってもらえませんでしたね」

地下アイドルの明暗を左右する
事務所のスタンス

 そんな状態でお披露目ライブを迎えたミサキさんたち。地下アイドルのライブは「対バン」と呼ばれる、複数のグループが共演する形式で開催されることが多く、人気グループほど出演が遅くなる場合がほとんどだ。ただし、初ライブの場合は、人気がなくても出番が終盤になることもあるという。

「地下アイドルのお披露目は、知り合いの事務所が主催するライブですることがほとんどです。それでも、無名なグループが最後の方に出演するのは簡単ではありません。私たちは、事務所がどうにかコネと金を駆使してくれて、その日のラストでした。結構な額を払ったんでしょうね。出番までの時間は他のアイドルたちのパフォーマンスを観ていましたが、そこでがく然としましたね。歌も踊りも、天と地ほどの差があったんです。自分たちの出番の時には、出るのが怖くなるほどでした。その日わかったのは、人気があるグループほど事務所のバックアップが手厚く、ちゃんとした指導者のレッスンを受けていること。そんな恵まれたグループはひと握りなんですけどね」

 現実を目の当たりにし、改めて事務所へ指導者をつけてもらえるよう交渉しにいったミサキさんたちだったが、なんと返事は「文句を言う暇があるなら、もっと成長しろ!」という暴論だった。

「『成長しろ!』って言うだけで、そのためのサポートは一切なし。アイドルがどれだけ頑張っても、運営サイドにやる気がなければ上には行けない。地下アイドル業界はそういう世界なんです」

 結局、「この事務所にいても時間の無駄」と感じたミサキさんは、1年間の活動の後、グループを脱退。現在は別の事務所で地下アイドルをしている。

「新しい事務所は、ダンスインストラクターによるレッスンが受けられるんです。スパルタで有名な先生だから、あまりの厳しさに泣いている子もいます。でも私はやりがいもあるし、自分が上達していることも感じられる。もう、別の意味で泣いちゃいそうです(笑)」

暴走する厄介ファンも
野放しにする事務所

「地下アイドルになったきっかけは、とにかくアイドルが好きだったから。辞めた理由は、事務所のせいで人間不信になったからです。マジでウケますよね(笑)」

 こう自嘲気味に話す声の主は、つい先日、2年間所属していた地下アイドルグループを辞めたばかりのユイさん(仮名・22歳)。

「地下アイドルって、ライブの後の物販で“ツーショットチェキ”を販売するんです。値段は、1000~1500円くらいが相場。原価を考えるとぼったくりっぽいですけど、その分、ハグしたり、キスする寸前まで顔を近づけたり、頬をくっつけたりという密着サービスで、『元を取った』と感じてもらっていました」

 年頃の女の子が、見ず知らずの男性と顔を寄せ合うと考えるとなかなかに過酷だが、ユイさんは「まったく抵抗がなかったんですよね」と語る。

「ハグとか余裕なんですよ、私。ライブ中もファンに視線を送ったり、指差ししたりっていう“レス”(ライブ中のファンサービスのこと)もいっぱいしてたし、SNSでも頻繁にファンひとりひとりに個別のコメント返信をしてました」

 こうした熱心なファンサービスが功を奏し、徐々にファンを増やしていったユイさんだったが、その中にひとり、面倒なファンがいたという。

「Twitterのリプにすぐ返信しないと『なんで無視するんだ!』って怒りだしたり、チェキ撮影中に説教してきたりするんです。怖かったけど、アイドルをやれる喜びの方が大きかったので、なんとか我慢して活動していました」

 その後も、このファンによる迷惑行為はエスカレートする一方で、ユイさんの精神はどんどん疲弊していった。

「そのうち説教ではなく、人格を否定するような暴言を吐かれるようになりました。毎日『お前は人間として終わってる』って言われるんです。あまりにも耐えられなくなって、泣きながら事務所の人に相談しました」

 しかし、事務所の人間はユイさんの話をまともに聞いてくれないどころか、迷惑ファンをかばったというのだ。

辞めた後もトラブルに…
人間不信に陥った

「そのファンは、毎回大量にチェキも撮ってくれるし、私たちが単独ライブを開催できるように金銭的な支援もしてくれていて、事務所としては手放したくない金ヅルでした。だから私がどんなに嫌な思いをしようと、『あの人がそんなことを言うはずがないだろう』とかばうんです。Twitter上には実際の暴言ツイートも残ってるのに、ですよ。その時、『この人たちは信頼できない』と思いましたね」

 金もうけのためなら、アイドルがどれだけ疲弊しようと見て見ぬふりを貫く事務所に対して、一切の信頼をなくしたユイさんは、そのままグループを去った。しかし、辞めた後にも事件が起きたという。

「辞めた後、私を応援してくれていたファンの人から猛烈にアプローチされて付き合ったんです。『もうアイドルじゃないし、ファンとつながってもいいよね』と思って。そしたら、それが事務所に伝わって『契約違反だ!』『訴えてやる!』とか言われたんですよ。意味不明ですよね」

 この一件が決定打となり、ユイさんは完全に人間不信になってしまったという。

「事務所の人はもちろん、元メンバーも、元ファンも、二度と私の人生に関わってほしくないです」

 地下アイドルの実情は、予想以上に闇が深いことを思い知らされた。どうか真面目に努力するアイドルが傷つかないよう、事務所、運営サイドの人間には、誠実で愛のある対応をしてほしいと切に思う。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ