このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第255回

さらば、有線ギガビットLAN!

Wi-Fi 6こと11ax対応ルーター「RT-AX88U」で自宅PCの無線化を決意

2019年03月26日 10時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4×4接続で最大4.8Gbps接続の11ax対応

 RT-AX88Uは「Wi-Fi 6」と呼称される次世代通信規格「IEEE 802.11ax」(以下、11ax)対応製品です。11axはIEEE 802.11n(Wi-Fi 4)、IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)に次ぐ規格で、従来よりも高速な無線データ転送を実現します。RT-AX88Uの場合、4×4接続で11nでは最大1Gbps、11acでは最大4.3Gbpsのところ、11axでは最大4.8Gbpsになります。

 しかしながら、11ax対応子機や対応PCはまだこの世に存在せず、サムスンが唯一対応スマホ「Galaxy S10シリーズ」を発表したばかりというのが現状です。11ax無線LANはIntelの次世代CPU「Ice Lake」に統合予定ですが、それも出てくるのは2019年末なので現状は11ac接続で使わざるを得ません。

 とはいえ、将来的には11ax対応デバイスがガンガン出てくるわけで、今から来る11ax時代に向けて準備しておいても損はないでしょう。また、11ac接続でも最大3.4Gbpsと、対応デバイスなどの然るべき環境さえ整えてしまえば、有線のギガビットLAN(最大1Gbps)よりも高速になる計算。ゆえに、RT-AX88Uを使えばLAN内のNASやPCと有線並みの速度で無線通信できるはずです。

背面にはギガビットLANポートが8基とギガビットWANポートが1基。WPSボタンや電源ボタン、USB 3.0ポートを1基搭載。
前面にもUSB 3.0ポートを1基備えてます。

とりあえず自宅のデバイスを全部つなげてみる

 まずは現在自宅で恒常的に運用している全デバイスを有線/無線LAN混在でつなげてみました。RT-AX88Uの設定画面で確認してみると、デスクトップPC×2がギガビットLAN接続(最大1Gbps)で、ノートPCとPS4 Pro、iPhone Xが11ac接続(最大866.7Mbps)、加湿空気清浄機が11n接続(最大72.2Mbps)で接続されていました。

RT-AX88Uのブラウザー設定画面の「ネットワークマップ」内にあるクライアントの「リストを見る」で確認。iPhone Xは780Mbps表記ですが、これはガードインターバルの影響のようで、しばらくすると866.7Mbps表記にもなります。なお、リスト内のHon HaiがPS4 Proの模様。PCやスマホとアイコンが違うのでわかりやすいのですが、AzureWave Technology Inc(加湿空気清浄機)は一見なんだかわからなかったです。

 いざつないでみると壮観ですが、RT-AX88Uの接続デバイス推奨台数は21台なので、まだまだ余裕があると言えます。これならホームパーティーを開いてゲストネットワークを開放してもまったく問題なさそうです。まあ、我が家のWANが遅いのは不安ですが……、それは建物の制限なので致し方ありません。

Netflixの速度テストサイト「Fast.com」でチェックしてみると、我が家のWANは下り50~80Mbps、上り30~60Mbps程度。以前の住まいは下り300Mbps、上り400Mbps程度あったのでやや窮屈な印象です。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中