このページの本文へ

キリン1人勝ちのビール大手4社決算、M&Aの「時間差」で明暗

文● 週刊ダイヤモンド編集部,鈴木洋子(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
各社ビール
アサヒは主力のスーパードライほか、ビール類で苦戦。海外の増益は国内事業の不振で陰る Photo by Yoko Suzuki

 “教訓”を得るにも時間差が出たということかもしれない。2018年度のビール各社の決算は、ここ数年大型M&Aを活発に行ってきたサントリーホールディングス(HD)、アサヒグループHDと、逆に封印したキリンHDとの間で、明暗が分かれた。

 サントリーHDは、12年度以来6期ぶりとなる連結営業減益となった。主因は連結売上高(酒税控除後)の57%を稼ぐ、大黒柱の飲料・食品事業の大苦戦にある。

 まず、13年に飲料事業会社のサントリー食品インターナショナルが約2100億円を投じて買収した、英グラクソ・スミスクラインの飲料事業の不振である。さらに09年に買収した仏オランジーナ・シュウェップス(現サントリーシュウェップス)がスペインで販売する飲料の販売不振や、16年に買収したナイジェリア事業の不振によって、今回は約40億円の減損処理を余儀なくされたのだ。

 さらに、日本コカ・コーラを抜いて国内飲料首位になる、と鼻息が荒かった国内事業も、増収したにもかかわらず、8.1%もの営業減益に終わった。

事業増益はキリンのみ

 サントリー食品は15年にJTの自動販売機子会社のジャパンビバレッジを買収し、自販機事業で同業他社を突き放した。しかし、ここへきて自販機に商品を供給するサービスマンの人手不足がコスト増を招いた。

 商品ミックスの弱さも顕在化した。「クラフトボスが売れ過ぎて、利益商材である肝心の缶コーヒーの販売が激減している」(流通業界関係者)のだ。500ミリリットルペットボトル1本当たりの利益は、おおむね缶コーヒー1本の半分程度といわれており、自社ヒット商品がキャッシュカウを食ってしまった。

 一方、海外M&Aの効果で事業利益は12.7%のプラスになったアサヒHDも大黒柱が揺らいだ。事業利益2214億円のうち1171億円を稼ぐ国内の酒類事業で2.8%の減益となったのだ。ビールで国内トップシェアの座は維持したものの、ビール類全体の販売数量は6.8%減という惨憺たる状態で、約3%の減少となった市場全体を下回る体たらくだ。

 サッポロHDも国内ビール事業の不振と買収した海外事業の減損などで営業減益となった。そんな中、海外M&Aでの上乗せを除く事業利益で増益となったのはキリンHDだけだった。

 サントリーHDとアサヒHDの苦境は、国内事業をしっかり維持しながら海外M&Aを行うことの困難さをあらためて示した。海外で大型買収を行ったものの減損を強いられたり、その間に国内事業が弱体化し海外の成長の足を引っ張ったりという苦難は、キリンHDも数年前に味わっている。両社が“成長痛”に苦しむ期間は、今期もまだ続きそうだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ