このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

STARTUP×知財戦略第10回

「IPナレッジベース」コミュニティーイベントin東京2

スタートアップが知るべき、相性のいい知財専門家の見つけ方

2019年03月19日 07時00分更新

文● 松下典子 編集●ガチ鈴木/ASCII STARTUP 撮影●曽根田元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

――最後に、知財専門家に求めることは?

林:「スタートアップが突拍子もないアイデアを言ったときに、バカにせず一緒に考えてほしいです」

有定:「コミュニケーションの回数を増やしていただきたい。明細書を作っている間も密に連絡を取ってもらうと、意図の食い違いなどのリスクが減ります」

貝沼:「こういうイベントの場を通じて、弁理士の先生とスタートアップの間の理解できていない部分を埋めていってほしい」

スタートアップに向けた「弁理士」逆ピッチ開催

 第3部では、知財の専門家からのPRの場として、「弁理士ピッチ」を開催。特許業務法人 朝日特許事務所 所長・弁理士 川崎研二氏、メリットパートナーズ法律事務所 弁護士・弁理士 知念芳文氏、中村合同特許法律事務所 弁護士 山本飛翔氏の3名が登壇し、各事務所のスタートアップ向けの取り組みを紹介した。

特許業務法人 朝日特許事務所 所長・弁理士 川崎研二氏
メリットパートナーズ法律事務所 弁護士・弁理士 知念芳文氏
中村合同特許法律事務所 弁護士 山本飛翔氏

 大手事務所でも創業前の調査から、業務計画書や資本政策書の作成、アーリー期での業務連携のサポートなど、幅広い支援を行なっている。こうしたセミナーやコミュニティーイベントの場を活用して、相性のいい専門家を見つけてほしい。

日本のイノベーションに必要な「攻めの知財戦略」とは?
「JAPAN INNOVATION DAY」セッション観覧募集中

 3月22日、オールジャンルのXTech展示カンファレンスイベント「JAPAN INNOVATION DAY 2019」にて、スタートアップから大企業へのつながり、ユニコーンになるための特許戦略について議論する特別無料セッション「日本のイノベーションに必要な攻めの知財戦略を考える IPナレッジカンファレンス for Startup」を開催する。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ