このページの本文へ

「ママ活」の意外な実態、東大生男子に地味め主婦が多い理由

文● ジョージ山田(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ママ活専用マッチングサイトに登録する男性の東大生比率は驚くべき高さです。
ママ活専用マッチングサイトに登録する男性の東大生比率は驚くべき高さです(写真はイメージです) Photo:PIXTA

「パパ活」ならぬ「ママ活」が話題となっている。女性が援助してくれる男性を探す「パパ活」に対し、「ママ活」は男性が援助してくれる女性を探す活動のこと。そこで、実際にママ活を経験したことがあるという現役グラビアアイドルに、「ママ活」の実態について話を聞いた。(清談社 ジョージ山田)

東大、早慶、MARCH…
高学歴が多いママ活男子

 昨年11月、女性に経済的援助を呼び掛ける「ママ活」を行ったとして、福岡市内の高校2年の男子生徒(17)が補導された。県警によると「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」との投稿をサイバーパトロールで発見。署員が身分を隠し連絡すると「2時間カフェでまったり会うので7000円」と料金を伝えてきたという。同様に愛知県でも17歳の男子生徒が「ママ活」で3000円を求めて補導されるなど、「パパ活」だけでなく「ママ活」まで、若年層に広がりを見せている。

 パパ活女子が今では珍しくなくなったように、このまま若い男性の間にママ活は蔓延していくのか。とある雑誌の企画で「ママ活」に挑戦し、若い男子と会ったという、現役グラビアアイドルでライターの吉沢さりぃさんは「ママ活にハマる女性側の心理は理解できる」と言う。

「こんなにモテていいの?ってぐらい、ちやほやされたんで気分良かったですね。実際に男の子に会ってみても、草食系だけどいい子ばかりなので、ちょっとこれはママ活にハマってしまいそうって思いました(笑)」

 吉沢さんがママ活で出会った男性たちは現役大学生ばかり。しかも、東大生2人に、早稲田、青学生…と高学歴ぞろいだ。

「私はシルクというママ活サービスを利用したのですが、登録している大学生の東大率に驚きましたね。ママ活男子によると、ママ活は顔より学歴重視な女性が多いらしく、東大や早慶、MARCHなど軒並み高学歴な大学生ばっかりでした」

マッチングサービスに
群がる男子大学生たち

 現在、ママ活はさまざまな場所で「募集」されている。主戦場はツイッターなどのSNS。ハッシュタグ「ママ活」で検索をすると、顔写真付きでママを募集する男子たちの投稿がうんざりするほど出てくる。しかしツイッターでは年齢が判然としないだけに、冒頭のように男子高校生を相手にしてしまう可能性もないとはいえない。

 そこで吉沢さんがママ活男子と出会うために利用したのは、昨年夏にリリースされた『SILK』(シルク)というママ活専用のマッチングサービスだ。

<年下男子と知り合いたい「大人の女性」と年上女性に魅力を感じている「男子大学生」をつなげるマッチングサービスです。仕事もプライベートでも経験豊富な大人の女性と知的で活力のある男子大学生がたくさん登録しています>

 というHPの文言のように、入会できるのは「大人の女性」と「現役男子大学生」のみ。あくまで男子大学生とのマッチングサービスという名目なのだ。

「プロフィール写真のみでの主観ですが、登録男性はいかにも童貞っぽいというか…全体的に地味な男性が多い印象でした。好みにもよりますが、誰が見てもイケメン!と言えるような男性は、全体の1割ぐらい。慶応、青学は顔立ちが整っていて、チャラそうな人が多かったですね(笑)」

 アプリ内では好みの男性に「いいね!」をして、相手からも「いいね!」がくるとマッチング成功。相互で「いいね!」をしあうことで、メッセージのやりとりが可能になる。つまりママ活男子からのいいね!がないことには、一向にママ活は始まらないわけだが、吉沢さんのもとには登録後すぐに大量のいいね!やメッセージが届いたという。

「ママ活を希望する男子に対して、圧倒的に『ママ』の人数が足りていないのが現状。私が実際に会った青学のイケメン男子でさえ、『東大生や慶応男子のほうが人気で、なかなかママに会ってもらえない』と嘆いていました。パパ活と比較すると、まだまだ需要と供給が合っていないようです」

パパ活よりも格安で
モテを味わえるママ活

 ママ活希望の男子に比べて、圧倒的に人数が少ないママ側は貴重な存在。「選ばれる立場」ではなく「選ぶ立場」にあり、ちょっとしたモテ気分も味わえる。さらに、女性専門の性風俗店や出張ホストと比較しても「ママ活」はかなり低コストで楽しめるようだ。

「ママ活男子の意見を総合すると、食事代・ホテル代などは別で、2~3時間で謝礼3000~5000円が相場。これにセックス込みだと1万円からって感じのようです。なかには、月契約で月5回会って5~10万が相場だと強気な価格設定を提示してくる東大生もいました」

 しかしその強気な東大生の価格設定ですら、金額で見ればパパ活のそれより、だいぶ低いと言える。そのぶん、ママ活男子のスペックはそこまで高くないと吉沢さんは言う。

「取材したことがあるのですが、基本的にパパ活女子ってかわいくてスタイルもよくて、気遣いもできる。ハイスペックな子が多いんです。それに比べてママ活男子は、高学歴とはいえ話術も見た目もそこそこ。1時間近く待ち合わせに遅刻してくる子もいて、全体的に意識が低いと思いました」

 言い換えれば特筆すべきは学歴ぐらいで、ママ活男子たちはどこにでもいるような大学生が多いようだ。

 そんな普通の大学生が「なぜママ活を始めたのか?」も気になるところだが、理由は「単なるお小遣い稼ぎ」と「年上女性と遊んでみたい」という興味本位の2パターンにわけられるという。

「ママ」はおとなしめ主婦や
オタクっぽい女性が多い

「友達がやっていたからとか、留学の資金をためたいとか、それっぽい理由は語っていましたが、そこまで強い目的意識があって…という印象は受けませんでした。そのせいか実際に会っても、ママ活男子はどこか受け身というか…デートの日時や場所も私任せだし、特にエッチな話を振るわけでもなく、2時間カフェでお茶したり、格安居酒屋で話してバイバイ。なかには謝礼を要求してこない子もいたので、ご飯をおごっただけで済みました」

 若くて素直な男性とのデート気分を格安で味わえる。さらに5000円程度の謝礼を払えば、頭を下げてくれるのだから、意外にもママ活は女性にとってコスパのいい「遊び」なのかもしれない。実際にママ活をしている女性たちは、どんなきっかけでママ活に踏み切るのだろうか。

「男の子たちの話だと、『ママ』はおとなしめな主婦や、少しオタクっぽい女性が多いと言っていました。ママ活を始めた理由も『彼氏がいないから、ご飯つきあってくれる人が欲しい』とか『旦那が構ってくれなくて寂しい』というライトなものが多いようです」

 金銭的な要求や執着も少ない上に、性的な誘いかけをするでもなく、ただ2時間カフェでニコニコ話し、帰っていく…欲望をむき出しにしないママ活男子たちは、わずかなお金で時間を売ることを厭わない。

 ちょっとお小遣い稼ぎしたい。ちょっと暇な時間や寂しさを埋めたい。少しのお金が欲しいママ活男子と、少し心のスキマをうめたいママ。そこにうっすらとでも、心の通い合いは存在するのだろうか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ