このページの本文へ

「デキる男」は正しいリカバリーを知っている!慢性的疲労はこう治せ

文● 藤野ゆり(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
現代人は神経的疲労に苛まれており、かつてのような「寝れば治る!」と言った単純な話ではなくなってきています。
現代人は神経的疲労にさいなまれており、かつてのような「寝れば治る!」と言った単純な話ではなくなってきています Photo:PIXTA

「毎日なんとなく疲れているが、原因がわからない」。そう感じているビジネスパーソンは少なくないのではないだろうか。休息時間が本当にないのであれば、それは環境に問題があるだろうが、それなりに休んでいるはずなのにどこか疲れている…という人は、体のある部分に重大な疲労を抱えている可能性がある。(清談社 藤野ゆり)

現代人で慢性的疲労を
感じている人は7割

 マイボイスコムが2018年に男女1万人を対象に実施したアンケート調査によると、慢性的疲労を感じている人は全体の7割弱だったという。「疲労回復のためにすること」の問いには、「寝る」と答えた人が約6割、「体を休める」と答えた人が約4割を占めていたが、寝ても休んでも、疲労に悩まされている人は多いわけだ。

「よく“疲れない体”と言いますが、人間だからそれはありえない。僕が指導をしていて感じるのは、仕事がデキてプライベートも充実しているビジネスマンは、疲れからの回復が早い人が多いということです」

 そう語るのはスポーツ選手を始め、多くの著名人や経営者の肉体改造に携わり、パーソナルトレーニングジム「デポルターレクラブ」を経営する竹下雄真氏だ。

 ひと昔前までは、「疲れる」ことそのものが悪とされていた。しかし、常に過剰な情報に晒されている現代人の神経が休まることは少なく、「疲れない」ことはもはや不可能といえる。

「現代人が疲れる原因は、大きく分けて3つ。肉体的疲労、精神的疲労、そして神経疲労です。特に最近はパソコンを使った長時間のデスクワークやスマホによる細かい作業が増えたことによって、毎日膨大な情報に晒されることで、目や脳の神経が常に緊張状態にある神経的な疲労が増えている傾向にあります」(竹下さん、以下同)

 肉体的疲労が多かったバブル期においては、「寝れば治る!」といった荒療治も通用したかもしれない。しかし上記の疲労が複合的に絡み合い発生する現代人の疲労は、体を休めるだけで回復することは難しくなってきているようだが、そもそも「疲れた」という感覚それ自体は、決して悪いことではないと竹下氏は言う。

「疲れは、いわばアラート機能。疲労感がなければ休むこともできず、オーバーワークになってしまいます。心地よい疲れを感じながら1日を終え、朝目覚めたときに回復している状態を目指せるのが理想のリカバリー力だと言えます」

現代人を苦しめる副腎疲労
回復は正しい食事から

 アスリート同様に長い目で見れば、疲れからリカバリーできる人とできない人のパフォーマンスに差が出るのは当然といえるだろう。目指すべきは疲れても、すぐにリカバリーできるビジネスパーソンというわけだ。

 では、具体的に、どのようなことをすればリカバリーできるのか。特に現代人の疲労には、「副腎疲労」が、大きく影響しているのではないかと竹下氏は指摘する。

「副腎とは左右の腎臓の上部にある器官のこと。この副腎皮質はストレスを感じた際に抵抗力を上げるためにコルチゾールを分泌します。しかし、ストレスを感じる状態があまりにも長く続くと、副腎は絶えず活動するために疲労し、しまいにはコルチゾールを分泌できなくなる。この状態が副腎疲労となるわけです」

 この、副腎疲労によって起こる症状は、糖尿病、心臓病や高血圧、アレルギー悪化やがん、老化、肥満など現代人が陥りやすいさまざまな病気と密接に関わっているという。

「例えば、目覚めても疲れが取れていない、イライラしたり気持ちが落ち込んだりしやすい、集中力や記憶力の低下、カフェインの入った飲み物やチョコレートを口にしないとやる気が出ない、なんとなくダルい、などの症状が続いている人は副腎疲労の可能性があります」

 竹下氏の提唱するリカバリー術は、この副腎疲労を起こさないようにするための手法。私たちは普段の食生活によって、知らず知らずのうちに副腎疲労を招きやすいものを摂取し、疲れから回復しにくい体をつくっているという。

「弱った副腎を回復させるためには、まず副腎を疲れさせる食材をできるだけとらないことです。副腎を疲れさせる食材とは、小麦などのグルテン製品、乳製品などのカゼイン食品、砂糖、カフェイン、さらにコンビニ食などに含まれる食品添加物です」

 現代人の食事に溢れている食材ばかりだが、これらを避け、体にとって良いものを取り入れるだけで、副腎は元気になるようだ。

「休日はダラダラ」では回復しない!
理想的な「オフ」の過ごし方とは

「健康意識の高いアメリカではレストランでGF(グルテンフリー)、CF(カゼインフリー)と表記するレストランも増えてきています。例えば牛乳の代わりに、ナッツミルクをチョイスするなど、日々の積み重ねが大事。あとは特に難しいことでもお金がかかることでもなく、ビタミン、タンパク質など栄養バランスのとれた体にいいものを摂取すればいい」

 休日の過ごし方にも「リカバリー」の鍵が眠っている。家にこもり、ただダラダラ過ごして終わる休日を送ったことは、誰しも一度はあるだろう。しかし思う存分、寝溜めを楽しんだ翌日に限って体も気分もダルい…という経験はないだろうか?

「トップアスリートがオフをダラダラ過ごすなんて話は、聞いたことありませんよね。意識的に休息をとることはリカバリーにつながります。例えばサッカー選手だと試合翌日に軽く自転車を漕いだり、プールで軽く泳いだりするなど、低強度の運動をする日を作り、その次の日を完全にオフにする。そして次の試合日まで徐々に練習強度をあげていくんです。リカバリーの期間を設けることが、良いプレーにつながることをトップアスリートは理解しているんです」

 休養にはパッシブレスト(消極的休養)とアクティブレスト(積極的休養)の2種類があり、この休息スタイルを1週間のなかで組み合わせて過ごすのが、“理想的なオフ”だという。

「例えば土日が休みであれば、土曜の午前中に軽くウォーキングやランニングをしたり、ゴルフや草野球をしてみたり…なんでもいいから、少し体を動かす時間をつくるアクティブレストの日にする。そして、日曜日は近くの健康ランドで汗を流し、パッシブレストの日にする。もちろん土日のアクティブレストとパッシブレストを逆にしてもいい」

 要は、休息にもマネジメントが重要なわけだ。疲れないことを目指すのではなく、疲れてもすぐに回復できる能力を備える。現代を生き抜くタフなビジネスパーソンには、「リカバリー力」が必要なようである。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ