このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

SIMフリーも登場 コンパクトスマホの理想形「AQUOS R2 compact」の実力

2019年02月27日 11時00分更新

文● 島徹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

性能・機能に一切の妥協なし、SIMフリーも登場
コンパクトスマホの理想形「AQUOS R2 compact」

 シャープから、ハイエンドコンパクトなスマートフォン「AQUOS R2 compact」が発売された。メールやSNSの利用が多いビジネスユーザーから、片手だけで操作しやすく高性能なコンパクトスマホを求めるユーザーにとっても、まさに待望の製品だ。

シャープの「AQUOS R2 Compact」。ソフトバンク版とSIMフリー版が発売中背面には2260万画素カメラやおサイフケータイを搭載

 最近のスマホは大画面モデルが多く、片手で使いやすいサイズのスマホは少ない。また、サイズこそコンパクトでも処理性能が低かったり、ディスプレー解像度が低かったりと、どこか妥協点がある端末が大部分だ。 

 しかし、「AQUOS R2 compact」はコンパクトな本体に、限界まで大きさと美しさを追求したWノッチ型のディスプレーや、最新のハイエンドスマホと同じCPUのSnapdragon 845を搭載。防水やおサイフケータイにも対応している。これまで満足できるコンパクトモデルの機種がなかったユーザーにとって“買い”のスマートフォンだ。この最高性能のコンパクトスマホの実力を見ていこう。

 なお、販売はソフトバンク版に加えて、SIMフリーモデル「AQUOS R2 compact SH-M09」も追加された。動画やSNSを快適な通信速度で楽しみたい人から、いわゆる格安SIMに乗り換えて、毎月のスマホ代を抑えつつ高性能なスマホを使いたい人まで、利用スタイルを問わず購入しやすくなっている。

同じくSnapdragon 845、4GBメモリーを搭載する「AQUOS R2」と比較すると、高さは約25mm、幅は約10mmコンパクト。重量は約46g軽量
横幅64mmのスリムボディーを実現。片手でしっかり握って、親指だけで文字をフリック入力しやすい
おサイフケータイと、IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵にも対応。もちろん、モバイルSuicaも利用できる

 スマホ操作時にもっとも重要な片手での使い勝手だが、横幅64mmというスリムさに加えて、側面には握りやすく触り心地も良好なアルミフレームを採用。片手でしっかりと握って、親指だけで文字入力しやすい。また、重さもハイエンドスマホとしては最軽量クラスの135gを実現。胸ポケットやズボンにいれても重さが気にならず、肌身離さず持ち歩きやすいのはかなり便利だ。

ビジネスシャツや、スーツの胸ポケットにもすんなりと入る軽量かつコンパクトなので、ズボンの前ポケットに入れてもあまり気にならない
側面にはアルミフレームを採用。滑らかな曲面のなかに軽く角を持たせた形状により、手になじみつつも手のひらでしっかり握りやすい、絶妙な持ち心地を実現している

 シースルー液晶を採用したディスプレーは、上部のインカメラと下部の指紋センサーの両側まで表示領域を拡大したWノッチ形状を採用。コンパクトながらも5.2型の大画面を実現した。これにより、LINEやSNSアプリのほか、メールやブラウザーの表示面積がかなり広くなっている。また、発色が鮮やかで、解像度もフルHD+(1080×2280ピクセル)と妥協はない。シャープならではのハイスピードIGZOパネルを採用したことで、ブラウザーやマップといったアプリのスクロールを倍速駆動で滑らかに表示できる。

本体上部はインカメラを避ける形で、本体の最上部まで画面となっている。シャープの液晶技術により、インカメラ周りのノッチの黒縁の面積は最小限に抑えられている本体下部も、指紋認証センサーを囲うようにディスプレーの表示部が広がっている。これにより、画面の縦方向の表示面積が大きく広がっている

 次のページからは、コンパクトな形状ながらも搭載を実現した、最新CPUのSnapdragon 845の処理性能や、気になる2260万画素カメラなどのハイエンド性能や、シャープならではの便利な機能について紹介していく。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン