このページの本文へ

年収4500万、NYエリートがこぞって実践「口角上げ」でビジネスに勝つ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

早朝から筋トレで汗を流し、口角を1センチも上げて真っ白な歯を見せるとびっきりの笑顔、そして断られても決して諦めないスーパーポジティブ――平均年収4500万円、マンハッタンの金融エリートたちのセルフプロデュースの実態、そして顔の表情がビジネスにどう影響しているのかを解説する。(顔筋コーディネイター Katsuyo)

平均年収4500万!
NY金融エリートの日常とは

アメリカ人や中国人とのビジネスには、顔の表情も重要な要素です。
「どんな時でも自信たっぷりでアグレッシブな言動をする」ことが求められるニューヨークのエリートは、筋トレや食事、そして顔の表情の研究などに余念がない Photo:PIXTA

 ニューヨーク、と聞くとすぐにイメージするのが摩天楼・マンハッタン。そびえたつ高層ビル。そしてイエローキャブとビジネスマン。そうそう、朝の通勤時にはイエローキャブがお決まりの渋滞でエリートビジネスマンが、渋滞のしびれを切らして途中下車。「釣りはいらないよ!」と粋な言葉とともにキャッシュを出しては、猛ダッシュでオフィスに向かっていく――。そんなシーンを誰もが想像しそうだが、実は本当のニューヨークのエリート男は、そんな無駄なことはしないのである。

 ニューヨークのエリート男といえば、高収入が約束されている職種として、弁護士、薬剤師、医者、大学教授たちが挙がるが、そんな中でもウォール街で働く証券マンの平均年収は4500万円と、群を抜いて高い。筆者は、彼らの年収よりも、弱肉強食の業界の中でいつもハラハラしながら戦っているエリート男の思考習慣や生活環境に昔から関心が高く、今回このような執筆の好機会を通じてNYで証券会社のバンカーとして働いていたエリートから得たインタビューをもとに、リアルに書きつづりたいと思う。

 まずは、先述した朝の光景をもう一度イメージしてもらいたいのだが、マンハッタンUPTOWNに住まいを持つエリート男たちは、DOWNTOWNのWALL ST.には毎日規則正しい時間に家を出て、きちんとSUBWAY(地下鉄)を使って、余裕を持ってオフィスに到着する。仕立てのよい良質な生地のスーツを身にまとい、色は濃紺のみ。ネクタイはほぼエルメス、髪形はお決まりの短髪。決して七三やセンター分けなどにはしない。まさに、アメリカで大ヒットドラマ「Suits」の主人公、ハービー・スペクターそのものである。

 そんなエリートが欠かさずに行っている習慣が、ジム通いである。

 日本でも昨年、流行語大賞で“筋肉は裏切らない”がノミネートされただけあって、近年は筋トレが大ブームとなっている。ライザップをはじめとするパーソナルトレーニングに、俗にいう“できる男”たちが熱中しているが、筋トレ習慣は、ニューヨークエリートにも絶対不可欠である。

 ベテランエリートは早朝からジムに通い、朝に汗を流してから出社をする。一方、若手エリートは夜、ベテランエリートが帰ったらジムに向かう、というのが日常のことであるようだ。

 筋トレが習慣の彼らは、口に入れる食事も当然のごとく慎重に意識をしている。FAT(脂肪)やCARBS(炭水化物)の調整には余念がない。そんなエリートは、酒は飲んでも飲まれるな、という意識は常であり、平日に酔っぱらって管を巻く、といった失態などは皆無である。

タフな心身はNYエリートの
「絶対条件」である

 エリートはエリートであり続けるために、身の回りのセルフマネジメント(自己管理)ができる、ということが絶対条件であるからだ。

Katsuyo/顔印象コンサルタント、フェイスアナリスト、KTY METHODプロデューサー。米国ロサンゼルスUNIVERSITY HIGH SCHOOL、SANTA MONICA COLLEGE卒業。2000年に南青山でスペリアルサロンを開業。サロン運営をしながら、自ら東洋医学概念と西洋医学解剖についての知識を深め、2万回以上の施術をしながら今なお研究を続けている顔筋ケアのパイオニア。「顔筋コーディネイト®」考案者。「顔から印象力を高める」ことを提唱しており、今までに4冊の著書を出版。現在は美容家の枠を超え、経営者のためのフェイスブランディングや、企業の新人研修および店長クラスの方、販売のプロたちに『おもてなしFACE』のつくりかたを指導し企業のイメージアップに努めている。ホームページはこちら
現在「1カ月無料動画オンラインレクチャー」を実施中

 エリートは高給取りとうらやましがられてねたまれもするが、実は平日は皆が想像できないほど、それこそ死にそうに忙しい。若手時代は徹夜で仕事をするのもざらである。バンカーでいうと、基本は飛行機で飛び回って営業をしており、ニューヨークから深夜便で西海岸や欧州に移動し、ミーテイングがひとつ終わったらニューヨークに戻ってきては、次のクライアントに出向く。

 そんな日々が毎日続くのだから、体力がなければこの仕事は無理である。仕事がどんなにハードであってもジム通いを続けるのは、体力を養うのと同時に、自分を極限まで追い込むことで、メンタルを鍛えるという意図があるようだ。「体力がない」「やる気が落ちている」…こうした雰囲気を周囲に感じさせた時点で、この男は能力が低いとみなされるというのだ。

 エリート男たちは皆、入社早々に「とにかく前向きに」「明るく」「人には誠実に」そして、「常にアグレッシブに行動せよ」とメンタル訓練を強いられる。まさにウルフオブギャングの世界。どんなにつらい状況であってもネガテイブなことは言わない、というのが暗黙のおきてなのだ。

 つまり、筋トレを通じて体を鍛え上げ、ワイシャツの下のムキムキの大胸筋や上腕二頭筋、僧帽筋のたくましさがセルフコンフィデンス(自信)を引き出す。さらに、筋トレによって、どんな苦境にあっても攻めるための「スーパーポジティブ」なメンタルも鍛え上げていくというのだ。プライベートを重んじ、退社時間がきたらそそくさと帰宅するといったイメージをアメリカ人に対して感じていたLA育ちの筆者は、ニューヨークのエリートの世界が、いまだにこんな昭和的な男たちの集団であるとは、実に驚きであった。

真っ白な歯を出して笑うのは
エリートに不可欠な「ビジネスマナー」

 では、エリート男たちのスーパーポジティブなメンタルは、具体的にはどんなものなのだろうか?筆者は現役バンカーに問うてみた。

 すると即答で、「どんな時でも自信たっぷりでアグレッシブな言動をする」という返答が返ってきた。顧客に対しても同僚に対しても、いつもさわやかな笑顔で応対する一方、話をするときの熱量は半端ない。感情表現の苦手な日本人は最初、非常に戸惑うほどの情熱ぶりなのだという。

 スーパーポジティブなエリート男は、相手が一度誘いを断ったとしても、懲りずに提案をしてきては、毎回同じ熱量を持って理論的に必要性を語るというのだ。こういった感覚を常に持ち備えることで、エリート男たちはエリートを演出しているといってもよいのかもしれない。まさに、自分で自分をスーパーポジティブに洗脳し、ビジネスパフォーマンスを向上させていくのである。

 アメリカンムービーには、よくビジネスマンが通勤前にひげをそってローションで肌を整えた後に、真っ白な歯を出して笑顔を作るシーンがあるが、スーパー・ポジティブメンタルを強固に構築していくにあたり、歯を出して思い切り笑う顔は、アメリカのエリート男たちには絶対に必要なビジネスマナーと言っても過言ではない。

 お得意様と対面したときには先にビッグスマイルをし、先に握手をするために素早く手を出し、力強く手を握る。こうやってセルフプレゼンを続けながら、上下関係を明確にさせていくことも、エリート男のビジネス流儀である。

 NYのエリート男たちは、顔の表情についても、非常に敏感である。その有効性を最大限に利用し、TPOに合わせて顔を使い分けているのだ。口角を上げるといった単純な動きだけでも、脳の快感回路が刺激され、活性化されることは、科学的に認められている。さらに、笑顔でいるとドーパミン神経系の活動が増し、記憶力や学習力が高まるというのだから、笑顔を有効に使わない手はないのだ。

アメリカ人や中国人とのビジネスに
顔筋ケアがオススメな理由

 キラリと輝く白い歯に、1センチ以上は上がっていると思われる口角――まさに、ジ・アメリカンスマイルは、日本のビジネスマンも見習うべきではある。しかしビジネスシーンで歯を出して笑顔を作るなどという習慣が皆無な日本のエリート男たちに、アメリカンスマイルをまねよう、というのは酷であると筆者は思う。日本ではその必要もないであろう。

 だがせめて、アメリカ人や中国人とのビジネス交渉の前には、口元の筋肉や目の筋肉を柔らかくして可動域を広げておいてほしいと思う。

 なぜなら、彼らとの交渉には、自分の喜怒哀楽をはっきりと視覚で相手に表現することが必要であり、なるべく早い段階で交渉を優位にもっていくためにも、顔からも負けないポージングをしてほしいからだ。スーパーポジティブを常に演出する必要は日本ではないだろうが、スーパーポジティブなメンタルを養うために顔筋を適度に鍛えることは有効である。

『男は顔が名刺』P131より「スーパーポジテイブな口角をつくる」ための口角ケア

 ただし、いきなり顔筋は鍛えないでほしい、と筆者は注意をうながしている。顔筋を鍛えるということは、日ごろの表情癖やかみ癖、かみしめ癖によって生じた顔のコリをより強固に硬くしていくことになるため、顔全体の筋肉が体の筋トレをしたかのように発達し、顔のエラが大きく張ったり、無表情の時にほうれい線がより深くなっていく。

 また、顔の左右差を整えずに顔を鍛えていくと、左右差があるまま筋肉が発達していく危険性もある。口がひん曲がったままできれいな笑顔ができるわけがない。そのため、顔筋を鍛えるトレーニングをする前に、顔筋ケアを行うことが何よりも大事なのだ。最近は、なんのメソッドでも顔筋トレーニングとメディアで紹介されているが、顔筋トレーニングは顔筋を鍛えることを意味し、顔筋ケアは顔筋を弛緩させることで柔軟性と可動域を広げることを意味する。この2つは似て非なるものと理解した上で、ビジネス上の表情コントロールには、顔筋ケアがより効率よく、かつ、簡単に続けられると覚えておいていただきたい(口角のコロのほぐし方は図を参照)。

 そして、時間に余裕のある朝、自分の顔をゆっくりと眺めてみたときに、「このまま老け顔になるのはまずい!」と、少しでも感じるときがあれば、その日がまさに顔筋ケア習慣の始まりである。

 最後に、エリート男たちの習慣の1つにコーヒーがあると聞いた。バンカーたちはよくコーヒーを飲みに行くという。2月のNYは極寒で、息をするだけで喉に響く寒さのようだ。こんな寒空の下、今日もエリート男たちはアツアツのコーヒーを飲みながら、負けない自分のストラテジー(戦術)を練っている。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ